サーバ更新の悩み

サーバのシステム更新したいなーと思っているのだけど、問題はマシンの調達だったり。

現在、考えているのはこんな感じなのだ。

1. サーバ更新

ぶっちゃけると現在、この公開サーバに使っているのは小さな安いNUCだ。性能も低いんだけど、発熱も少ないのでそのまま利用している。

で、 lxc を使って必要な機能ごとに子ノードを動かしてる感じ。
処理能力足りないものもあるけど、そういうのは必要に応じてお役ごめんになった古いクライアントを回してる。

これを更新したいのだけど……正直いうと更新したいのはハードウェアというよりソフトウェアだ。
素のLXCでなくLXDベースに移管してユーザ領域で扱いたいんですよ。そのほうが気楽だから。

しかも Deban jessieなので、stretchにするか、いっそUbuntu 18.04serverにするか、どちらかにしたいってのもある。

うーむ。
性能的には前のと同じで全然かまわないんだが……どこかに安価に落ちてないかな。
さて。

スマホを戻しました。

厳密にいうと、arrows M03からシャープ(Docomo SH-02J)にしてたんだけど、arrowsに戻した。

いろいろあるんだけど、理由は以下。

イヤホン挿しているのにスピーカーが鳴り出すことがある。

静電気による誤動作なのでスマホのせいじゃないんですけどね。けど今までのスマホでは XperiaでもArrowsでもF-12Cでもhtc ariaでも、そんなことになった事ないんですよ。
病院の待合いとかで上着を着てたらパチパチときて、あ、やばいと思った途端にジャンジャカ鳴り出すんですよ。最悪。静電気対策しても全然効かないし。

うちの環境にはシャープは合わないのかもしれない。

遅い。

これは端末のせい。安価なモデルだから仕方ないんだろうけど、最大の売り物であるエモパーを使っていると超もっさりで、毎朝再起動したり執拗にリソース削りしてないと使えない。
それでもしばらく頑張ってたんだけど。
でも、7800円で買ったGOOスマホのg06+の方がずっと快適だったので、これはダメだなと。

容量足りない。

年中リソース不足で遅くなってたけど。それはがまんしてたけど
気がついたら「容量が足りないのでメール受信していない」のに後で気づくケースが出始め、これはダメだなと
昔、初代W-ZERO3を電話機として使うのを断念したのも「いつのまにか着信不能になっていることがある」だったんだけど。うん、これはないわ。

 

ちなみにsh-02jは予備として休眠に入ります。
まぁ、本来の予定はこっちだったから、順当な流れではあるんですけどね。

HP stream 11届きました。

写真ほどオモチャじゃない。ちゃんと動く。
そして……うむ、やはり遅い ^^ まぁ、使おうと思っていた用途には問題なさげだけど。
微妙にちゃっちいので、予定通りに二年保ってくれるかなぁ?ってところです。

さて、そんなわけで、さっそく個人的メモを。 続きを読む HP stream 11届きました。

chromecastの悲劇

うちで、EeePad 初代Transformer(TF101)を使っているのは、ここを見ている方ならご存知の通り。

この端末には小さなHDMIポートがあり、大型モニターに出力を取り出す事ができる。これを利用して実家のテレビにも映した事があるのだけど、最近、以下の問題点が起きた。

ドコモ系のビデオやアニメのサービスを試用しはじめているのだけど、TF101は古すぎてこのサービスに対応していないのだ。

さらに調べていくと、以下の問題点がクローズアップされてきた。

たとえば、うちのノートパソコンは上記サービスに対応している。Windows7なんだから当たり前だ。
だけど、実はPC版とAndroid版のこの手のサービスには大きな違いがある。つまり、Android版では「あらかじめダウンロードしておいて出先で再生」が可能なのだけど、PC版は現場でストリーミングするしかないって事。

実は、この違いが洒落にならないのだ。

うちの実家はネット回線がないので、年末年始はモバイルネット環境を持ち帰る事になるのだけど、今手持ちのネット回線はストリーミング再生なんか考慮してない細いもの。そんな勢いでデータを食わせたら、即刻パケット規制が入るのは間違いない。

ふうむ。なんとかベストの折衷案はないものかね。

実のところ、実家にはHDMI入力対応のTVがあるものの、老いた母がいるだけで活用できていない。
しかも映像コンテンツもあまり多くないので、
TF101は映像コンテンツを持ち帰りTVで再生するという役割に利用されてきた。合計1.5kgもある端末だけど、うちのノートよりは軽かったからね。

ふうむ。
ここは WiMaX 入れるべきかな?

ちなみに何でこんな話をするかというと、 chromecastを試す機会があったからだ。
うん、あれはいいものだ。設定も簡単で扱い易いものだったが、どうしても看過できない問題が我が家では発生した。

つまり、うちの無線LAN親機がデータ通信用含めて新旧すべて使えず、F-12cのテザリング以外は受け付けなかったのだ。
F-12Cは現在、イーモバイル端末となっているのだけど、
F-12Cでテザリングをする場合、回線側が3G固定でwifiはダメみたいなので、
事実上、chromecastはイー・モバイル接続で使うしかない。

こ、これはこれで不便すぎる ><; そんな結論になったのである。 ううむ。 帯に短し襷に長しって、この事ですねえ。

Kernel交換試験および不具合の発生について。

今朝未明、以下の問題によりサーバがしばらく停止しました。

1.新カーネル起動せず。

Kernelをdebian-backportsの3.14に交換しようとしたのですが、どうもウチの環境ではI/O系の問題か何かで起動しない事が判明。3.12に変更しました。

またKernel交換のそもそもの理由はUSBまわりの不具合なのですが、こちらの検証は未だ不十分。なので、起動時にキーボードを含め、必要なUSBデバイスは挿しっぱなしです。まぁちょっとマヌケですが、こちらはまぁ、おいおい。

2.Linux Containersの設定ミス

LXCのコンテナ自動起動設定ミス。新Web鯖(isetta2)の設定を失敗しており、旧Web鯖(isetta)がブートしておりました。コンテナ設定を変更、コンテナのみ再起動で対応しました。