[参考] 当サイトにおけるTS系

世間的に色々と曖昧に扱われるTS系なんですが、当サイトでは以下のように分類しています。

1. いわゆるTSF。TSフィクション・あるいはTSファンタジー。

要するに「ある朝目覚めたら女の子になっていた」みたいな変身系や、映画『転校生』みたいな入れ替わりものなどを含みます。また、本来はちょっと違うんですが、一柱の神様が男神と女神両方の顔を見せるという神話伝承の類も当サイト的にはTSFに分類しています。また、漫画『緑の世紀』の地球のように、見る人によって男性に見えたり女性に見えたりする(そもそも人間が見ているから人間と見えるにすぎない)ものも神様と同様の存在としてカテゴライズしています。

hachikunが描いた最古のTSキャラは、一次創作小説『α(当時のタイトルは違う)』の主人公・野沢誠一です。1982年の事になります。元々同作はSF仕込みの異類婚姻譚(いるいこんいんたん)として描かれたものですが、この中でメルという少女型アンドロイドの肉体になったのが記憶している限りの最古でしょう。

2. 性同一障害系。いわゆる狭義のTS。

身の回りに該当者がいないので当サイトでは二番手ですが、範疇です。

最も古い自作のこの分類のキャラクタは、千鶴という風俗店(明快な設定はなかった)のおかみさんです。人物設定の元ネタは昔、hachikunが旅の途中で出会った田舎の雑貨屋のおかみさんです(完璧におばさんだと思っていたがMtFだと聞いて目が点になった)。ただ結構高齢の方でしたので、キャラクタ設定としてはゲーム『痕』の柏木千鶴嬢のそれを少し借りましたが。

3. いわゆる半陰陽を含むIS(インターセックス)系。

しばしばTSは混同されますが、この人たちは身体の方が男とも女ともつかなかったりするだけで性同一障害というわけではないです。そこんとこ間違えると大変失礼になるので注意してください。モザイク、仮性半陰陽、アンドロゲン不応症候群その他もろもろ、いろんな理由により性別不明だったり遺伝上と外見の性別が食い違っている人たちを示します。

うちでは非常に珍しいタイプ。過去に皆無とは言わないけど、周囲にデータがなさすぎて描きにくいもので。

4. 女装した男、男装した女系

今ならもちろんアイマスDSの涼ちんこと秋月涼(女装)でしょう。ただ「こんな可愛い子が女の子のはずがない」を創作上の絵空事と思っているあなた、見識狭いです。現実はもっとあなたが考えているより理不尽なものなのです。いや本当に。

このタイプは外見に騙されがちですが、メンタルは普通に男であり女なので要注意。
たとえば涼ちんは女装しているからって男が好きなわけではない。彼はちょっとヘタレで女顔だが普通に男の子であって、周囲に『女装して女性アイドルとしてデビュー』を強要された結果があの姿というだけの話です。

その手の誤解多きタイプに差し上げる言葉はこれだ。『女装するほど女好き』

いわゆる女装子やってる男性にはしばしば無類の女好きがいるそうです。つまり女の子と楽しくやりたい趣向の一環として、一緒にキャッキャウフフしていたいわけですね。なんというか、一周回ってむしろ漢らしいって感じですね(汗

なお、うちでは二次創作で涼ちんを扱っている以外に該当はいません。

5. その他外的要因により(多くは本人の意図に関係なく)性別と異なるカテゴリに置かれている人

これもうちのサイトでは扱ったことのないタイプ。
たとえば具体例をあげると、私が昔から気に入ってる以下の作品かな。

[もうひとつの場所から]
http://www2u.biglobe.ne.jp/~ftcenter/nsl/anobash2.html

この作品における飯田君や伊藤さんのような経緯で、本来の性別とは別のカテゴリに入れられちゃってる人。
性同一障害と間違われる事必至ですが、飯田君も伊藤さんも環境に順応しているだけなんですよね。実際に漢らしい女子もしばしばいるし、声変わりしたはずなのにあまり声のかわらない男の子も現実にいる。大抵はひとりで強いコンプレックスを抱いたり問題の元になったりなんですが、上の作品では先生やクラスメートが突破口になって「本来の性別とは違うが本人が馴染みやすい立ち位置」に誘導されている。
これ、先のことを考えると不安の残る展開ですが、適度にうまく機能していて結束の強いコミュニティってしばしば出来上がるもので、現実にも起こりうるケースだと思います。

なお余談。
上記の作品における飯田君たちが将来「性同一障害」になる可能性があるかといえば、あると言えるかもしれない。
だが勘違いされちゃ困るんですけど、性自認(自分をどちらの性別と思うか)と異性観(どちらの性別を好きになるか)は全く別の話です。メラニー法で有名な性同一障害者のメラニー嬢は男性として結婚して奥さんと子供もいたそうですが、そういうものなんだそうです。

うちは性的マイノリティをよく扱うのでそこいらへんには注意しています。

wine動作報告『妹汁』

Ubuntu10.04LTSにて。インストールからすべて確認。

特に問題なし。
しいて言えば音声の同期に問題あり。再生終わってなくても進んじゃったりする事がある。
だが、これもオートにしておけばほとんど問題には思えない。

……ああ、ちなみに「なにこの変なエロゲ」と思ったあなたにちょっとだけ解説。

そりゃこれ、タイトルで想像つくようにまぁ、いわゆるバカゲーって奴です。
細かいこと考えちゃいかんのです。これはね、宇宙はドリルで満たされるべきと信じてるドリル狂の人たちと同じです。何が面白いのとか、そういうこと思っちゃったら負け。「ありえねえええっぎゃはははは」って指さして笑って遊ぶものなんです。
とにかく「あほなシチュエーションをあほになって楽しむエロギャグ作品」です。きんどーさんやトシちゃんみたいなのが実在するとか普通のひとは思わないですが、そういうのを承知のうえで笑いましょう。

またまた需要なんか無視してハルヒものSS『金魚鉢』

といっても、前作『ひだまり』のキョン子視点なので、厳密にはハルヒSSではありません

うちの基準的には、最初から設定の違う再構成は純粋な二次創作とは認めていないのですが、
本作は『ひだまり』におけるキョン子世界側の話であり、しかも『ひだまり』以前の話なので、
この基準に完全にひっかかってしまうのです。
すごく読み手を選びます。
また『ひだまり』の外伝の位置づけなので「ひだまり」読後に読む事を強くおすすめします。

金魚鉢 (涼宮ハルヒ系SS外伝・キョン子、長門(男)、キョン子弟他)

需要がないのはわかってるけど、今どきキョン子SS『ひだまり』完成

放置だったり未完だったりの古いシリーズを全部さしおいて、
突発的にリピドーに従い書きました。先日のエントリのキョン子絵を見てついムラムラと、ええ。
なんで今さらキョン子と言われそうだけど、だって好きなんだから仕方ないじゃない。ごめんよ

ひだまり (涼宮ハルヒ系SS・キョンTS・長門他)

・うちのサイトですから、もちろん女体化(最初からキョン子)でなくTS女性化(キョン→キョン子)です。
・ただし変身ものでなくむしろ逆行SSのテンプレに近いかな。読めばわかるかも。
・性別反転シチュエーションはうち本来のお家芸ですが、苦手な人は避けたほうがいいと思います。
・カフカ的に、前置きを端折っていきなりスタートです。
・登場人物は長門です。ただし長門♂(ぐはっ……まさか本当に書く時がくるとは)

一人称が変わる時

創作なんかでよくある(よくあるか?)パターンで、仮性半陰陽なんかが原因で性別の変わった人が一人称も変えようとして悩むパターンがある。

 けど、自分の経験((*)ブラック・ジャックのファンだった関係で、俺→私に変更した事があります。性別を変えたわけではないぞ ^^;)から言うと一人称の変更はそう大変ではない。よく「変えたつもりだけど意図せず素に戻る事がある」という表現を散見するのだけど、そうかなぁと疑問に思ったりする。最初こそ無意識に脳内で俺→私に変換していたのだけど、あっというまに「私」で定着し、むしろ俺と言いにくくなるのに大した時間はかからなかった。
 もし、いつまでもひきずって問題になるとすれば、それは望まぬ変化であるとかそっちに理由がある場合かな。さすがに一人称を「強制」された事はないからなぁ。
—–
(*:ブラック・ジャックは、一人称が「私」で好物が「カレーライスと珈琲」)

[SS] 『夢』の続き難航中

『夢(石ころ暮らしアナザー)』ですが、『閉じられた花園』の部分が難航中です。少し大きくなりすぎたので三部に分かれてしまい、さらに真ん中の部を全面書き直ししています。
ここまでできたら、とりあえずアップしますのでもうしばらくお待ちください。

はるな愛をめぐる夫婦の性認識の相違について

うちでは珍しく時事の話題。
(まぁ、うちの創作内容には少し関連しているが)

陣内智則と離婚した女優、藤原紀香と親交があるタレントに、はるな愛がいる。
なんでもない事なのだけど、彼女を巡るエピソードでちょっと興味深い話がある。
藤原紀香とはるな愛が一緒にお風呂した時、陣内は内心複雑だったと明かしているものだ。

ご存じとは思うが、はるな愛はTS、つまり元男性である。また「結婚するまでは男性名でいるのが親孝行」として戸籍上の名前は男性のままだという。もっとも藤原紀香が一緒にお風呂したという事は、少なくとも彼女ははるな愛を女性として認識しているという事だろう。
陣内もある点までは同じだろう。しかし「お風呂」となると止めないまでも複雑だったということは、はるな愛に対する陣内の性認識は、紀香のそれとは少し違うという事になる。

この種のセックス・マイノリティーに無頓着な方だと「男じゃん!だめだろ紀香」と言いかねないところだが、性自認とか認識とはそういうものではない。はるな愛はどう見ても性自認は女性だろうし、既に性別適合手術も受けているようだ。外見からの推測にすぎないが既に男性ホルモン値は成人女性のそれと同レベルしかあるまい。つまり肉体的にも精神的にも男ではない。ちんちんもついてない。

この場合の認識や扱いとはとても微妙になる。
たとえば「基本的に女性と認識しているし雑魚寝も平気だがお風呂は抵抗がある」とか「なんだろうと平気だが恋愛対象にはならないと思う」等である。性の認識とはこういう風に微妙なもので「男!女!」と、すぱーんと区別できるものではない。
たとえば私が陣内の立場だったとしようか。
たぶんはるな愛をちょっとうらやましいとは思うかもしれないが、複雑な心境にはならないように思う。個人的にはるな愛のカテゴリ分類が女性だからだ。
しかし女として性欲の対象になるかというと、これはたぶんならないだろう。
このように、性の認識とは非常にデリケートで微妙なのだ。

まぁ、これでも「だって男じゃん」というのなら、いったいどのへんまでが男でどこから女なのかと問いたい。
医学的にどうというのなら、遺伝子XXの完全な女性であってもその肉体には男性ホルモンが流れているという事を知らないのだろう。肉体的には、男と女というのは単に形成上の問題にすぎない。遺伝子というのは単に設計図にすぎないし、さらにその遺伝子ですら、男性要素や女性要素という感覚はあっても男と女の明確な区別などない。とどめに、(*)遺伝子がXYつまり男性DNAで普通に女性の人だって落語のネタになるくらい普通にいるわけで、男と女の区別なんてものは、むしろ生物学的の方が混沌としていて意味をもたない。
そこいらへんを全く意識せず、まるで魂から異なるかのように考えるのは非科学的な妄想かファンタジーでしかないように思う。そういう意味では、はるな愛は立派に女性だろう。
ようするに、男か女かは本人の、それに周囲の認識の問題であると言える。

もっとも、お風呂の話が事実としても紀香はそこまで認識してはいまい。
夫婦間のことなので当時の心情がわからず推測にすぎないが、単に「別途入るの面倒じゃん。女同士いっしょに入ろう」というアバウトな感覚で入ったにすぎないように思える。
だが、陣内にはそういう感覚がないか、理解したつもりでも認識は違っていたのだろう。つまり「ちんこついてない男」とどこかで認識していたからこそ、ふたりのお風呂を複雑に感じたのだと思われる。

これをして、陣内の了見が狭すぎると思うのか紀香が問題と思うのかは私の言うべきところではない。
だけど性自認や認識を考えるなら、男女差という問題を差し置いてもふたりのはるな愛に対する認識に大きな温度差があるのは明白だろう。
もちろん「夫婦ったって人間同士だから違うのはあたりまえ」である。ただ性の認識とは肉体レベルに近いだけに単純に計れない部分がある。だから、このへんの認識の差異を雑談レベルでもいいからオープンに話し合える環境がなかったとしたら、それは亀裂の原因になりえたんではないかと推測する。
たとえそれが
「こういうのは偏見とわかってんねんけどな。ちょっと複雑やった」
「あー、ひどいそれ」「あっははは」
みたいなレベルでも、である。

———–
(*: 子供は女性の胎内で勝手に成長するのではなく、その設計図通りに胎児の肉体を組み立てるのは母胎側の仕事です。胎芽の状態では遺伝子以外に雌雄の別はなく、そのまま組み立てるとXX、XYの別に関係なく女児になります。ただXYの場合、ある時期に母胎の判断で男性ホルモンを胎児に浴びせ、それにより男性型への変異が始まるのです。
 この組み立て工程が狂うことにより、遺伝子と肉体にずれが生じます。たとえば母胎に異常があって男性ホルモンが照射されないとXYであっても女児に生まれますし、妊娠時の苦痛を和らげる薬などが悪さをして、XXなのに男性化させてしまう事もあります)