カラオケ評価の変換

2010年の6月からカラオケボックスにほとんど毎週通っている。そこで何をしているかというと、課題曲を決めて延々と歌い、それをICレコーダで録音しておいて帰宅後に評価、というのを延々と繰り返しているのだ。

続きを読む カラオケ評価の変換

[ボイトレ] 地声だと長く歌えない

先日のひとカラより得た情報をまとめておく。

1. ミドルとファルセットの境界面を鍛える必要がある

『さよならルンバ』という古い歌がある。この歌が実はものの見事に音域の境界面にあって、なかなか苦労している。これをスムーズに歌えれば大きな問題のクリアになろう。

2. 女声は裏声ではないらしい

いきなり何言うんだよと言うかもしれないが、まぁ聞いてほしい。

ひとカラでは高音域を歌う都合上女性の歌も随分も混ぜているが、それでも極端なものに限られる。たとえばシュガー『ウエディングベル』は裏声の一番得意な音域に近いので扱いやすく毎回歌うが、この歌で女声をやれと言われたらどう考えても無理だと思った。裏声は「男声要素の少ない声」ではあるが、女声というわけではないのである。反面『バラライカ』みたいな歌は裏声には少々低すぎてやりにくいのがどうしても敬遠してしまう。練習にはその方がいいのかもしれないが、もう少し低音に慣らしてからの方がいいだろう。

で、以上は「高音のため」にやっている領域。次からが少し変わってくる。

実は、ミドルボイスの訓練を7/9あたりから始めている。日付でわかるようにまだ完全に手探りなのだが。
んで、現在やっているミドルボイスの出し方なのだが、以下のようになっている。

A-1)地声をまず出す。適当な歌いやすい声で「あー」とでも発声する。
A-2)裏声を色々いじっている時の要領で、少し締め込んでみる。声が変質してしわがれたり、やたらと甲高くなったりする。
A-3)ここぞというところで軽く歌ってみる。

今までカラオケなんかで意図せず使っていた(郷ひろみの歌とか)が、ちゃんと制御してたわけじゃないんですよね。
でも、この先に進むには必須。そんなわけでミドルボイスを出す訓練にも踏みきりました。

ところで「で、それと女声とどういう関係があるんだ?」ごもっとも。
ここで女声をとりあげるのは簡単で、要は「あー、たぶん女声出したい人のスポットはここにあるんだろうな」と感じたからです。私はあくまで高音域を違和感なく歌いたいだけであって完全な女声の世界というと範疇外(使えればデモ録のコーラスに使ってみたいが、あくまで対外的には一発芸でしかないだろう)ですが、できないよりはできるほうがいいに決まっている。そんなわけで「なんでファルセットでなくミドルボイスか」を言ってみたい。

ミドルボイスの特徴とは、裏声と地声があわさったものだと言える。ちゃんと芯が入っているので聞きやすいし、出し方をわかってさえいれば制御も裏声よりやさしい。(これは事実でしょう。だって、カラオケが社交手段だった時代から私は、意図してないとはいえミドルを使っていた。しかもミドルだと意識すらしてなかったです)
ただ、地声が混じる関係上、女声を目指す人はこれを避けるんですね。まぁ当然です。男声の低さを含まない声が欲しいわけですから、男声の大本である自分の声を混ぜたいとは思わないはずだ。
だけど、これは以下の点で異論を唱えたい。

1. 男声とは低い周波数成分を大量に含むが、それは芯のある声とイコールではない。
 当然ですよね。だってこれが偽(芯があるのは男声)なら「芯のある声の女性」は成立しない事になる。
2. 光の三原色を思い出せ。パーツに色がついているからって混ぜた結果にも色があるわけではない。

実際、A-1〜A-3をやってみると(二ヶ月以上裏声やってたので裏声とつながってしまう事がよくあるが)、ちゃんと出た時の声は落ち着きがあり扱いやすそうだ。当人がオヤジ年代なので当然若々しい声じゃないが、そもそも高音域が欲しい理由は「さとうきび畑」とか「Amazing Grace」みたいな種類の、昔から歌ってた歌をもっと綺麗に、つまりオク下げでなく歌いたいからであって、間違っても「♪ごまえ〜♪」とか可愛く歌ってニコ動で殿堂入りしたいわけではない。(余芸としてはもの凄く面白そうだけど、あくまで一発芸ですから。それよりまず基本)

実際には歌う機会がないので完全に自己満足なんだけど、出身の小学校のホームページをみつけて、懐かしい校歌をコピーしてみた。最後まで完全に覚えていたけど男声で歌うのは寂しい。当時の声とは言わないけれど、やっぱり、最低でもカマっぽくない、しかもオク下の男声でない声で普通に歌ってみたいじゃないですか。
ここに至って「なるほど、表現のためには女声のアプローチも重要なんだ」と思うに至りました。
そして今回のケース。

あと全然別の話だが、地声でも時々歌うんだけど喉が保たない事が判明している。さすがにここ十三年ほどの間に弱ったんだと思うよ。格好良く歌おうと色気出しちゃって緊張→喉に負荷ってのもあると思うけど、MAPSの主題歌「風は翼にのる、翼は風にのる」なんて歌ってたら一発で喉がきつくなります。
でも、ファルセットやミドルはなりにくい。特にファルセットオンリーだと物理的に喉が疲労しない限り延々歌えそうです。
このへんも考えて、ミドルを鍛えたいと思ったのです。

憂鬱な夜だった

昨夜は少し早寝したのだけど、ちょっと憂鬱だった。

何かを鍛える時、何かを作る時には必ず挫折がある。ならば、どちらも好きでよくやる私は両方を経験しなくてはならないという事なのだろう。まぁぼちぼち頑張るべ。

え?わけがわからない。んーつまりですな、「高音が不安定のうえにカマっぽいとこが微妙に抜けねー」ボイトレの問題と、ストーリーはもうできているのに話がなかなか進まない創作の両方でハマっているのですな。
(創作の方は今、嘘予告の『スカラベ』を形にしようとしている)

うん、マイペースマイペース。
ここはただ、ひたすら推敲しつつ続けるしかない。どちらも。

ボイトレ系メモ: 単に気づいたこと

完全に個人レベルのメモです。ただの覚書き。

現在の自分の声をまとめると、中音域に盛大な混乱が見られる。これの整理が必要と思われる。
たとえば、以下のようになっている。
1. 本来の地声
 地声である。7/4現在、オクターヴあげしていると途中でミドル、さらにファルセットに自動的に切り替わる(一時この連携が完全に壊れていたが、どうやら少しずつ治っている模様)。
 少しずつこちらも拡充中。ただし優先度は低い。
2. ミドルボイス
 正直いうとうまく制御できていない。高齢の女性の曲をファルセットでやろうとすると低音域でこれに切り替わる事があるが、明らかに過去、郷ひろみの曲で遊ぶ時に使っていたミドルボイスとは声質が異なりつつあると思う。(あるいは自分の耳の方が違っているのかもしれないが)
3. ファルセット
 単体で2オクターヴをキープ。ただし上限と下限は非常に不安定でしょっちゅう出なくなる。引き続き上限と下限の安定化作業中。
 現在、以前なら高音域以外では全然出なかった声が下でも出始めている。引き続き鍛錬。
 なお、低音で非常に裏返りやすく、事前に発声練習しなければうまく歌えない。
4. ファルセット#2?(ミドルボイス#2かもしれない)
 最近確認できたばかりの状態。低音でも裏返らない(だから「みさえ〜」を試せる)し音量も少し増えてる。
 低音が非常に楽になっているので、少しミドルが出て下を支えているのではないかと思われる。
5. 謎のミドルボイス(未確認)
 「みさえ〜」の後に何度か出現した声。
 非常に歌いやすく声量もそこそこ出るのだが……まだ録音確認してないから断言できないが、びっくりするほど綺麗な声だった。ただし「男声ボーカル」としては間違いなく使用不可能だと思うが。
 ファルセットの安定化の方が優先だが、こっちも気が向いたら追求してみよう。うん、できないよりはできるほうがいいし、さらなる安定化にも寄与できるかもしれない。

夜明けが見えそうになっているかもしれない。

ファルセットなどを使って高音域を伸ばし安定化するトレーニングをずっと続けている。なかなか時間がとれないのだが、しぶとく続けている。

実は今日唐突に、よくいわれる「しんのすけボイス」とか「ミッ◯ーボイス」の意味がわかった。へぇぇ、と思う次第である。

ところでこの手のトレーニングというと、いわゆる女声を目指す人も近い位置にいる。
といっても高音だから女声というわけではないし、もちろん裏声イコール女声というわけでもない。そもそも裏声は女性でも出せるもので、声帯や喉の防衛機構が働いて声帯に負荷をかけずに発声しているにすぎない。また、女声が高音で男声が低音というのも(ある意味正しいが)声帯にとっては大嘘である。
もう少し簡単にいこうか。
では女声っていうのはそもそも何か。(色々ある学説やら俗説やらざっくり無視して)言ってしまえば簡単である。つまり『男声の響きを含まない声』これが女声なのである。
ところで、いわゆる裏声がカマっぽい理由は二つある。ひとつは芯のない声になりがちのうえ、その迫力のない声に男性成分が未だ少し含まれているせいである。

ボイトレの本にもあるが「私が実際に人前でファルセットで挨拶したり歌って見せたりすると大抵の方は引くか笑います。でもそのくらいでいいのです、楽しくやりましょう」と実に率直(^^; そう、私が必死で鍛えているファルセットとはそういうもので、だからこそ常にひとりでやっているのである。まぁ近くに同輩がいないせいもあるが。

だがファルセットの拡充は現代的歌唱法でも欠かせない。特に多彩な音質や広い音域を求めたり、長丁場でも安定した喉を求めるならば。
裏声の男声成分の話に戻るが、裏声におけるそれは地声よりは圧倒的に少ない。よってこの裏声をベースに、もう少し声をいじるとさらに男声成分を減らす事ができる。これがいわゆるメラニー法の原理のひとつ。
このメラニー法の解説をみると、以下の方法論が見つかる。
1. 裏声で可能な限り高い声を出してみる。(高い声→振動が細かい→男声成分が非常に少なくなる)
2. その発声方法を保ったままどんどん低くしていく。途中で裏返ったりしたらやり直し。
3. ひたすら繰り返す。
さらに以下も。
4. 裏声状態で声を下げていくのにある程度なれたら、非常に極端に下げてみる。「みさえ〜」ってあの声みたいなヘンテコな声になると思われる。
5. その声から工夫してエグみを取っ払うとアラ不思議、男っぽさが極端に少ない声が出現する。

これを見た私は思わず唸った。なぜかというと、私がやってる高音用の鍛錬内容とあまり変わらない。特にこの「低くしていく」のは私のボイトレでも中心に置いている事だ。

もうちょっと解説しよう。

少し裏声を鍛錬するとすぐに気づくのだが、高音が出しやすくて低音がつらい。声が出ないし油断すると簡単に表に裏返ってしまうのだ。低音域の裏声というのはとても扱いにくく、しかし地声やミドルとの接合には低音が欠かせないわけで、当然私はこれを練習している。
しかも厄介な事に、(※)通常の女性ボーカル曲は男性が裏声で歌うには低すぎるケースが多々ある。よくネットでいわゆる両声類ものの歌で「私より高い…」と女性がorzしているのを見かけるが、そうではないのである。むしろこうした男性の反転ボイスの場合、低めの女声の方が難易度が高いのだ。これは自分がやってみてよくわかる。私の場合は未だ安定化優先で女声みたいな変な小技に手を出すレベルではないが、それでも現時点で「一番効果のある練習は低音域である」と経験的に知っているくらいだ。
ふうむ。とりあえず進み方は間違ってないみたいだな……。
他にもいくつかの方法論があったが、そっちもやはり似ている。んー、まぁ裏声というと日本では奇異だが(元々西洋音楽でカウンターテナーが始まったのは教会の聖歌隊に女性を使えなかったからだ。よって日本で馴染みがないのは当たり前である)、ロック系のボーカルは普通に扱えるはずだ。だから歌い手として裏声を鍛える事自体は全然おかしな事ではない。
まぁ、とはいえ次第に形は見えてきた。ゴールなんてものは存在しないが、五里霧中という状態から脱却するめどは立ちそうだぞ。

——————-
(※「男性には低音の方が難しい」:古いたとえですまないが、シュガー『ウェディングベル』の「くたばっちまえ♪」というアレは一見ものすごく難しそうだが男性がファルセットで歌う場合そう難しくない。特に元の音域が男性として少し高めの人なら、ファルセット初心者でも歌えるかもしれないほどだ。で、むしろ中島みゆき、美空ひばりといった低めの歌手の声の方がずっと難しい。油断すると裏返ったり全然大きな声にならなかったり、さんざんである)

[ボイトレ] 強い発声の練習

安定化の一環なんだけど、ファルセットで現在出ている声をベースに「強く発声する」事をやる。

ええと現在でも、高い声なら強く発声できる。だが低い声はダメ。んで、ひとカラで力んでみたがこれは失敗。なぜかというと、デリケートなので声がガラリと変わったり喉が緊張して声自体が出なくなったりしたからだ。
ボイトレの本によると「力んでも確かに声は出るが、それは喉に無駄な緊張を強いて負担をかけている」そうだ。なるほど、それでは今までやってきた「リラックスして声を出す」と矛盾するのでダメなわけだ。

その昔「腹から声を出す」を学んだ人は多いと思う。
だが当たり前だが、声とは腹から出るわけではない。本当に出たらオカルトである。なのに腹式呼吸が言われるのは単純に肺活量をあげたり音を安定化するのに寄与するのだろうけど、声を実際に出しているのは声帯であって腹ではないし、おまけに腹にフルパワーをこめて喉まで緊張させちまったら今までの意味がなくなる。

だから、いかにして「リラックスして音を紡ぎだすか」が重要なのである。

Boy’s Emotionのヒロイン(?)穂積貴子の声域について。

[Boy’s Emotion]
http://www12.ocn.ne.jp/~taika/bem/bem_index.html

 Taika Yamaniさんの傑作TSF小説のひとつ『Boy’s Emotion』。性転換病という奇病が存在するユニークな世界観で描かれているこの作品には、望まず少年から少女になってしまったヒロイン、穂積貴子が自分の音域について確認するシーンが出てくる。このあたりがとても興味深かったので考察してみたい。
(本作はちょっとアクが強いですが、とても面白いです。TS属性をもち同時に同性愛OKってひとじゃないときついかもですが、個人的にはおすすめの一作です)

(引用)
 一オクターブ声を低くしてみた時は、喉が痛くなりかけた。
 逆に、高くする分には楽に一オクターブ上の声が出せた。が、もう一オクターブ上まで無理なく出せそうだったが、そんな声が出ても全然嬉しくない。
 地声で歌える曲であっても、歌う時にはがらりと声音が変わるタイプの人もいるが、貴子はあまり変化しないタイプらしく、地声と歌声ほとんど差はなかった。

(引用おわり)

 自分の音域の限界に挑むような発声の場合、力むのは厳禁であって貴子のこれは明らかにまずい。続けたら喉を潰してしまうだろうから、やめたのは正解であろう。

 現実でも性転換女性の場合、無意識に声を下げて会話している事が多いそうだ。これは「今までの声と違ってしまっている」事に対する無意識の対処なのだが、当然ながら「望まずして女性になってしまった」貴子の場合も無意識に声をかなり下げて発音しているはずである。
 だから、下げて歌おうとしてもほとんど不可能のはずである。声楽をやったりして意図的な低音の出し方を学んでいない限り、少なくとも「貴子の視点での」低音の発音は不可能だと思われる。

 貴子の声はクールではあるが基本的に華奢で可憐な声らしい。ここまでの文面と設定を見て、常にミドルボイスで会話するタイプなのかなと思うが、貴子の状態からして考えにくいと思う。元々華奢な声のひとがミドルボイスで会話すると、ややもするとアニメ声に類する甲高い声になりがちだが、それは貴子の望む声と真逆だろうからだ。
 が、それがないので、貴子が出そうとした歌声は通常のチェストボイスと推測する。

 だけど、だとすると(無意識にミドル混じってるかもだが)地声で2オクターヴ越えしている事になる。たぶん鍛えると本当に素晴らしい美声になるだろう。ここまでの喉が欲しくないなんて……ボイトレしてる人間としては「その声くれ〜orz」と言いたい。でもまぁ現実ってそんなものなんでしょう。
 ほのかの方が貴子の秘めた原石に気づいてあげられればいいんだけど……そういう方向性はあまり興味なさそうだなぁ二人とも。
 もったいねえ……。

土曜日のヒトカラまとめ

まだ書いてなかったので一応まとめ。

0. データ
 二時間利用。800円。機種は……えーと、Uなんとかって奴だったな。あまり曲数なかった。
1. 成果
現状は「とにかく高いキーを」かな。これは現在、高い声の方が大きな声が出せるから。
確かに、声の出にくい低い声の鍛錬は必須。しかしカラオケに行くのは練習というよりも「声を出すという行為に慣れるため」もあるわけで、金払ってオドオドモタモタしてても仕方ないし、そんな事してたら「何あのキモい声、やーねー」な外の反応も気になってしまう。
これは悪いスパイラルなので、まずはそれを断ち切る必要がある。
だから当面、出し易い高音域に思い切って振ってみる事にした。
幸い、モサモサの低音域と違って高音域は結構よく出る。歯とか鼻腔とか頭ん中で共鳴するような響き方するんで、ちょっとアレですが。(実際、高さによっては差し歯にビリビリ振動きたりする)
(だけど、何も知らない人がこのエントリー見たら「ははは、オクターヴ低いのに気づいてないんだろうなー」とか間違いなく思うだろうな^^;
絶対音感は持ってないけど一応三つになる前から音感教育受けてますし、歌は全部録音して帰ってから聞き返してますんで、さすがにそんなアホはやらかしませんが。ていうか、それやっちまうレベルならそもそも「音域を1オクターヴ以上上に上げたい」なんて普通考えないんじゃないんですかねえ。たぶんだけど)
男性用の歌をオクターヴ上げる方法や、女声ボーカルの歌を+4くらいで歌うのも学んだ。今後に生かしたい。
2. ちょっびり問題点。
 機種選択を覚えた方がよさげ。次回は指定してみよう。
 あと帰る時、「なんか変な声がする。お近づきになりたくねえ」な空気がフロア全体に漂っていたのはきっと気のせいではないだろう。だけど超絶音痴の人だっているんだから気にしない気にしない。とりあえず迷惑かけてごめんなさい〜と XD

地声・ミドル・裏の区別がついてない

高音域でミドルと裏、低音域では三つの切り分けがつかなくなる時がある。音域がクロスオーバーしているのがまずいようで、明示的に発音分けしないと混乱すると思われる。

ううむ……切り替え訓練が必要か。
いつも切り替えるのは大抵静かな場所なので、先日のカラオケボックスみたいなとこだとうまくいかないのね。
極端に高い歌や低い歌はもちろん有効と思うが、
自分で意識して切り替えるプログラムを増やす事も大切と思われる。

あとは、慣れか。