今週末、ネットテストを行います

具体的には、このブログを含む回線を小さな独立回線に押し込んでみます。そして週末の利用状況を見て、今後の状況を決めるつもりです。

……何しろ、かつて芹緒温泉とかやってた時代と比べると、%どころか‰単位のアクセスしかないはずなんですよね。なので、あれこれ工夫してみる予定です。

ネットワーク障害のおしらせ

ネットワーク機材の変更時のトラブルにより、朝方にアクセスができなくなりました。どうも失礼いたしました。

結論から申し上げますと、中間にはさまっていたレガシーなIP電話機能つきルーターを取り外し、ベーシックな光ルータの認証に戻したのですが、この際に接続情報の不手際があった事、それと早朝の変更でDDNS更新作業(昼間に自動で行われている)が行われなかった事により一時的にアクセスできなくなりました。現在は解決しています。

DBが安定化したと仮宣言

DBを切り替えてしばらくたちました。
どうやらOKぽいです。

では問題の原因をメモっておきます。

* MySQL鯖移行時のミス

具体的にいえば、前はLXCの移行時間がなくて、Ubuntu serverにLAMPでやったんです。
現在もLAP状態でWeb側は使われています。
ところがMySQLの移行を少々乱暴にやりすぎたのが問題の原因でした。

具体的にいいますと、全停止した時の生のDBデータをそっくり移行したんですよ。
しかし新サーバはMySQLのバージョンがだいぶ新しいようで、そこに乱暴なコピーをしたもので警告を出して止まっちゃってたようです。
ただし、通常のストップ・スタートなら問題ない。
logrotate関係で切り直す時、時々そのまま再起動しなくなっていた模様です。

解決法としては、以下のようにしました。

  1. DBで使われているコンテンツを全部調べて、mydqldump等で教科書通りに書き出す
  2. そして、新サーバでも教科書通りにインポートする
  3.     

  4. ついでにもういらないやつも削った

つまり、面倒でもちゃんと普通にやんなさいってことで。
業務ならこんな真似しないんですけど、個人のお遊びサーバなのでついやってしまったのですね。

このまま様子見とします。
どうも失礼しました。

DB不調につき、DBサーバを移動してみました。

DBサーバがこのところ不調だったので、別のDBサーバをたててコンテンツを移動してみました。
これで様子見です。

……とりあえず、これでサーバまわりのLXD全面移行に付随していた懸案事項がひとつクリアされた……かも?

公開Webサーバが停止しておりました。

原因はブレーカー落ちによるMySQLサーバノードの停止。
推定停止時間は約13時間でした。

現在はブレーカー落ちの原因対処済みですが、
なにぶん主原因が除湿機ですので夏場にはもう二度ほどあるかもしれません。

なお、wikiサイトやツーリング関係は別ノードであり、
マウント元締めのメインサーバ共に影響ありませんでした。
(でもトップページのブログが止まっているのでリンクは辿れなかった)

お騒がせしております。

ただいま仮マシンで動作中

使い古しのノートにSSDをいれて環境構築、ファイルサーバ以外のノードを移動してみました。
現在このブログが動いているのは新サーバです。

いやぁ、仮想化の重要性を再確認しました。
二件のケアレスミス(MySQL止め忘れてコピーして結局全複写になった事と、入谷wikiが一日戻っちゃった、どっちも対処ずみ)を除けば完全無問題とは。
移行がマジで楽と実感。

もう20年近く自宅サーバ動かしているのだけど、ノードを仮想化してから本当に楽になりました。

ああでもこのノートは他の用途に使いたいので、どこか適当なとこで箱をあけて入れ替える予定です XD

ゆるゆると対応開始

うちの公開サーバに問題発見。hddエラーが出だしてる……。
まだ即死じゃないけど、そろそろ動かないと危ないなー。

そんなわけで、そろそろ次代を決める時がきたらしいんで、SSDを遊んでいた64なノートに入れ、Debianいれて設定開始。

けどね、ちょっと別の道も考えてるんですよね。
つまり、そろそろ公開サーバを外部のレンタルサーバに出してみるのはどうかと。

自宅サーバはそのまま残るカタチで、ブログとDBだけ外に出す感じ?間は必要なら逆プロキシでつないで。

どっちもどっちなんですよね。うちは宅内LANをゼロにする事はできないので。

でも公開サーバを出してしまえば、宅内でネームサーバいらなくなるんだよなぁ。
(いや、ないのはちょっと困るか?むむ)