考察・小物

これはRUNE『初恋』のワンシーンだが、本編とは時間も場所も連鎖していない。夢の中のようなものであり、ただ彼女はメインヒロインのひとり、桜井小桃に関する人物であり、彼女を見ているのもまた、主人公の初島稔に関する人である。まぁふたりが何者かはRUNE『初恋』そのもので見ていただくとして……あ、Windows10でもちゃんと動きますからね。

続きを読む 考察・小物

人物名について

登場人物の名前について。

もう十五年くらい前になったが、涼宮ハルヒの憂鬱シリーズという有名作品があった。

かの作品の主人公である語り手は『キョン』とだけ呼ばれて名前が一切出てこないのだけど、あれは一種のギミックでもある。ライトノベルの読者は主人公に自分を投影しがちであるというのを逆に利用し、主人公名を記号にしたのだと思われる。
こういう演出の工夫はいくつかの作品に見られる。たとえば、とあるゲームでは友人たちはよく喋るのに主人公は決して喋らない(例:ドラゴンクエスト)。主人公=プレイヤーを投影するものだからだ。

ところで、物語の主人公格なのに名前がない、あるいは意図的に語られないケース、実は結構ある。多くは演出上の理由だったり、あまり意味がなかったりする。

たとえばH.G.ウェルズ『タイムマシン』の主人公は時間旅行者とされているだけで名前は一切出ないが、これは『時間旅行者』以外の肩書は無駄な設定だからだろう。

アルプスの少女ハイジのおじいさんは「アルムおんじ(Alm-Öhi)」または「おんじ」と呼ばれているが、これは牧草地のおじさん、あるいはただのおじさんという意味のあだ名で、もちろん名前じゃない。そしてフランクフルトから来た人たちも、おじいさんとしか呼んでいない。(ハイジではいくつかの点で名前が特別な意味をもつ。たとえば有名なロッテンマイヤー女史は名前イコール、クリスチャンネームなので、ハイジの自己紹介をきいて「それはあなたの名前ではないでしょう」と、アーデルハイトの名で呼ぶ。これは聖者の名で、ハイジはアーデルハイトの愛称でもあるのだが、名乗ってきた名前まで全否定される勢いで、もちろんハイジはこれから大変な目にあうのだけど、それを象徴するような話である)。

さらに別の作品では、作中で主人公が会話の中で名乗るまで、ナレーションも少年と語り続けている(例:さいとうたかを『サバイバル』)。

姓と歴史

ちょっと姓の話をしよう。

人の人生にはたくさんの姓が絡むものだ。
たとえば僕の人生なら、清藤、村上、廣瀬、薮本、大寺などが多い部類。
逆に佐藤だの鈴木だのは珍しい部類に入るだろう、五百から七百くらいの児童数の学校にひとりいたらいい方だった。
まあ、学校が出てくる事でわかるように、今、思い出しているのは子供時代に関わった人たちだ。ずいぶん昔のこともあり、地域性が高いのも無理のないところだろう。
ああそうそう、別役(べっちゃく)さんとかも結構いたよな。

名字なんて家を示す記号というのもひとつの考えなんだけど、調べてみると面白いんだこれが。
とはいえ村上などは数が多いし広瀬系の異字の多さも有名。
ではということで、全国区では比較的珍しいと思われる清藤(キヨトウ)にいってみよう。

清藤

清藤という姓にはいくつかの系列がある。
たとえば以下。

  • 清い藤でキヨフジ→九州などいくつかの地域の清藤はコレらしい。
  • 清原と藤原が合体して清藤→青森県の清藤などに多い。
  • 清遠の異字体→高知県東部の清藤に多い。

僕と関係する清藤は、最後の「清遠」の異字体タイプになる。

この異字を採用した経緯を家人に尋ねたところ、その家は今の高知県安芸市にあたる土地に長くいたらしい。
戦国時代、当地の支配者であった安芸国虎が倒され、そして後藤(山内一豊の部下)の下についた時に藤の字をもらったようだとの事。
ただし正式にはずっと清遠を名乗り続け、明治になってから清藤で統一したらしい。
(だから昔の墓は清遠になっているそうだ)
これらの経緯から、高知県東部……旧芸西村あたりから安芸市あたりまでに清藤がいたら、その家は親戚筋の可能性があるそうだ。
(他にも遠→藤に改姓した家があるかもしれないので、もちろん確実ではないとのこと)

おー歴史ですなぁ。

ところで、ではその元になったという「清遠」なんですが。
こちらは清藤の比じゃないほど珍しく、旧高知県香我美郡山北あたりにある清遠という集落発祥で、昔はその集落には清遠の姓しかなかったらしい。(今はわからない)
記録は室町時代からあるそうだが、全国でも多くてせいぜい700人そこそこ、高知県以外にいるのは非常に珍しいというか、おそらく一家族とかそういうレベルでしかいないそうだ。

そもそも山北やら物部村あたりってのは、昔から色々ある場所でして。
昔、徳間系のメディウムってムック型の漫画雑誌で姫野命シリーズって伝記系の作品でも取り上げられていたんですが、特有の宗教や呪詛(すそ)などが残る土地で、今も「いざなぎ流」という古代神道型の宗教が脈々と生き続けている土地だったりします。

まぁ第一、「物部」って地名がねえ……。
物とは古語で神様、部とは民であり、物部とは神に仕える者を意味する古い言い方だとも聞きます。

Voyageについて

昔「ミクロの決死圏」という映画を見て大好きになった。小学生の時だ。

ところでこの映画、原題は Fantastic Voyage という。幻想的な旅路とでも訳すのだと思うが、ここで気になるのは Voyage のニュアンスだ。

話がすっ飛ぶのだけど、むかし、とあるアニメの最終回で、とある存在を無に返す時、彼女に対して登場人物(?)のひとりが「Bon Voyage(よい旅を)」と言ったのを今も覚えている。つまり、死出の旅に出る人に「よい旅を」と言う時の言葉であるのなら、おそらくVoyageとはTripはもちろん、Travelとも違う、もっと壮大な大旅行を意味するんだろうなと。

その事を踏まえたうえで「Fantastic Voyage」という原題を見て「なるほどねえ」と思ったものである。

公開Webサーバが停止しておりました。

原因はブレーカー落ちによるMySQLサーバノードの停止。
推定停止時間は約13時間でした。

現在はブレーカー落ちの原因対処済みですが、
なにぶん主原因が除湿機ですので夏場にはもう二度ほどあるかもしれません。

なお、wikiサイトやツーリング関係は別ノードであり、
マウント元締めのメインサーバ共に影響ありませんでした。
(でもトップページのブログが止まっているのでリンクは辿れなかった)

お騒がせしております。

無線ヘッドセットはこれを使っています。

なにかと便利な無線ヘッドセット。

これね、単車でナビを聞くのにも使っています。
先日、草津の方にいくのに役立ちました。
片耳なので外の音もちゃんと聞けますので安全も確保。すばらしい。

ただ、通話時の音質が有線より低いのが問題。
あと、ヘルメットかぶるとさすがにお話できません。

ちゃんとバイク用のヘッドセットを使うべきですね……。

ニュース読み上げクライアントを考える。

まぁ、この手のクライアントはたくさんあるんだけど。
個人的に欲しい機能を考えてみる。

1.新着がきたら勝手にしゃべる(音声オフにもできる)
2.おはようモード(前回起動からの差分を全部読み上げる)

とりあえずこの二点ですかねえ。


ちなみに「2」は現在、Webでやってる。だらだらニュース見ている時間がもったいないので、NHKニュースヘッドラインを自宅のサーバにDBで蓄積させて、それをCGI経由でスマホのブラウザで読み上げているんだよね。

でもこれ、プッシュじゃないから出勤とかの時にまとめて読むしかない。
まぁそれでも実用には耐えるけど、なんていうか、オンデマンドは漢のロマンっていうか、ねえ? XD

あとは、どういうターゲットで書くか?
だいたい、いつもニュースが聞きたいなんてのは、どこかに腰を据えている時なわけで。すると以下のどちらかかな?

A)Androidスマホ
B)Windows機(ノートかタブレット)

Androidで書けば無敵だろうけど……うーん。