姓と歴史

ちょっと姓の話をしよう。

人の人生にはたくさんの姓が絡むものだ。
たとえば僕の人生なら、清藤、村上、廣瀬、薮本、大寺などが多い部類。
逆に佐藤だの鈴木だのは珍しい部類に入るだろう、五百から七百くらいの児童数の学校にひとりいたらいい方だった。
まあ、学校が出てくる事でわかるように、今、思い出しているのは子供時代に関わった人たちだ。ずいぶん昔のこともあり、地域性が高いのも無理のないところだろう。
ああそうそう、別役(べっちゃく)さんとかも結構いたよな。

名字なんて家を示す記号というのもひとつの考えなんだけど、調べてみると面白いんだこれが。
とはいえ村上などは数が多いし広瀬系の異字の多さも有名。
ではということで、全国区では比較的珍しいと思われる清藤(キヨトウ)にいってみよう。

清藤

清藤という姓にはいくつかの系列がある。
たとえば以下。

  • 清い藤でキヨフジ→九州などいくつかの地域の清藤はコレらしい。
  • 清原と藤原が合体して清藤→青森県の清藤などに多い。
  • 清遠の異字体→高知県東部の清藤に多い。

僕と関係する清藤は、最後の「清遠」の異字体タイプになる。

この異字を採用した経緯を家人に尋ねたところ、その家は今の高知県安芸市にあたる土地に長くいたらしい。
戦国時代、当地の支配者であった安芸国虎が倒され、そして後藤(山内一豊の部下)の下についた時に藤の字をもらったようだとの事。
ただし正式にはずっと清遠を名乗り続け、明治になってから清藤で統一したらしい。
(だから昔の墓は清遠になっているそうだ)
これらの経緯から、高知県東部……旧芸西村あたりから安芸市あたりまでに清藤がいたら、その家は親戚筋の可能性があるそうだ。
(他にも遠→藤に改姓した家があるかもしれないので、もちろん確実ではないとのこと)

おー歴史ですなぁ。

ところで、ではその元になったという「清遠」なんですが。
こちらは清藤の比じゃないほど珍しく、旧高知県香我美郡山北あたりにある清遠という集落発祥で、昔はその集落には清遠の姓しかなかったらしい。(今はわからない)
記録は室町時代からあるそうだが、全国でも多くてせいぜい700人そこそこ、高知県以外にいるのは非常に珍しいというか、おそらく一家族とかそういうレベルでしかいないそうだ。

そもそも山北やら物部村あたりってのは、昔から色々ある場所でして。
昔、徳間系のメディウムってムック型の漫画雑誌で姫野命シリーズって伝記系の作品でも取り上げられていたんですが、特有の宗教や呪詛(すそ)などが残る土地で、今も「いざなぎ流」という古代神道型の宗教が脈々と生き続けている土地だったりします。

まぁ第一、「物部」って地名がねえ……。
物とは古語で神様、部とは民であり、物部とは神に仕える者を意味する古い言い方だとも聞きます。

防災の観点からコンパクトバーナーを探してみる。#2

あなたは、月単位のキャンプをした事がおありだろうか?

90年代前半の北海道。無料のキャンプ場に月単位で滞在しつつお金を稼いでいる若者がたくさんいた。当時はネットもない頃だったので今と単純に比較はできないけど、これほどもの若者が一般に言われる社会のルールを外れ、自分なりの『夏』を謳歌しているのかと当初、感銘に近いものを抱いたのを覚えている。

まぁ、ことの是非とか懐古は置いといて本題にいこう。ここで話題にしたいのは、彼らが使っていた火器類である。

いわゆるアルコール式のコンロは、まず皆無だった。
おそらく理由は簡単で、長期滞在型だったから。
当時もアルコールのコンロはあったと思うが、あれに目を向ける人というのは、固形燃料に目を向ける人と同じ人種だったといってもいい。
すなわち、最初から選択肢にないということ。

当時の一般的キャンパーのコンロの選択肢というと、ガスかガソリンだったろう。
しかしガスについては当時、カセットコンロのカートリッジの使えるコンパクトな一人用バーナーが皆無であり、また、カートリッジの変換アダプタもかなりマニアックな商品だった。だから、どちらかというとガスは短期旅行者がメインにし、長期になると自動的にサブになる事が多かった。燈火類もしかりで、マントルを使うタイプの明るいランタンは予算に余裕のある短期旅行者のもので、長期の人は昔ながらのランプやローソク、そんでサブは安売り狙いの電池。LED電球もなく電気は明るさと電池の持続時間が足りなかったから、あくまでサブの立場だった。

灯油?
これはコンロの選択肢が少ないので、ガソリンよりだいぶマニアックな扱いだった。ただし大学でそういうものを使う団体にいた人はホエーブス625やラジウスタイプの使用経験のある人もいたし、自転車旅行者には、灯油燃料で使える比較的安価なバーナーという意味で、これらの灯油コンロを愛用する者もいた。
事実、僕がオプティマス00をゲットしたのも、自転車の人に薦められたからだった。

灯油コンロ、特にラジウスタイプの古臭いアレは単純明快で取り扱いが楽だった。どれくらい信頼性が高いかというと、一世紀以上基本構造が変わる事なく世界中で使われているという。地域によってはガスが未だ一般的ではなく、こういう地域でコンロで火力を得ようとしたら、この単純明快なコンロは選択肢になりうるのだ。
あと……こういっては何だけど、このラジウスタイプは、火器やコンロにロマンを覚える人にもオススメではある。
オプティマス123Rや8Rといい、小ブス(ホエーブス725)といい、このラジウスといい、長年作られた古いタイプのコンロは独特の、なんとも言えない燃え方をする。僕は道具にロマンを求めるタイプの生き物ではあるから、この大時代な古臭さがなんとも言えないのも事実だった。ゴーゴーとうるさい燃焼音も、シングルエンジンの排気音は振動同様に、確かに燃えているのだと耳に伝えてくる点で安心できた。

あ。やっぱりアルコールのやつ、チタンバーナーにするか。
いや。
どうせ一つ目は実用性より勉強だと思うからね。趣味に走ってもいいかなと XD
昔買った、今はどこにあるともわからないキャンガスのコンパクトバーナーもそうだったし。

お散歩中の読書

デスクワークという事もあり、帰宅時は散歩するのが日課です。ちょっと遠回りして好きなところをウロウロ。これが結構面白い。

さて。
そんな僕の散歩の友ですが、今はこんなものを使っています。

1. Google Booksリーダーを使う方法。

[applink url=”https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.books&hl=ja”]

「なんでこれを?」と思われる方のために紹介しておきますと、以下の機能があります。

  1. 任意のepubをアップロードできます(しかもgoogleアカウントで同期する)
  2. 読み上げ機能が標準でついていて、しかもAndroid標準のTTS日本語対応エンジンなら、どれでも使って再生できます。(Aques TalkもいいけどNS TTSがおススメかな?)

たとえば自作小説でも、よそで買ったものでもepubであれば読み上げできる。
さらに以下と組み合わせるって手もありまして。

『小説家になろうダウンローダ』
[applink url=”https://play.google.com/store/apps/details?id=com.esp.narouexplorer&hl=ja”]

こちらは小説投稿サイト『小説家になろう』の作品をepubでダウンロードできるという大変嬉しいツールです。ちゃんと縦書きに対応していて、書籍化されていないような本をgoogle gooksリーダーで読む事ができるのです。

なお、本ツールで入手した本をWindows上のplaybooks viewerで見ようとしても画面が乱れます。google play側で縦書き文書の再生に問題があるのかもですが、そもそもAndroid端末でしか読み上げ対応してないので、気にする事はありません。(iOSデバイス版にはこの機能はないです)

2. Yahoo!ブラウザを使う方法。

[applink url=”https://play.google.com/store/apps/details?id=jp.co.yahoo.android.ybrowser&hl=ja”]

あまり有名ではないようですが、こいつにも読み上げ機能もあります。ただし任意のエンジンが使えるのでなく、Yahoo!Japanツール群共通の組み込みエンジンが使われる模様。
何が言いたいかというと、ヘンな読み間違いやエラーが起きてもエンジン交換できないって点には注意が必要です。

また、これで読むのは当然サイトですけど、サイトによっては本文でなくヘンなとこだけ読んで終わりになる事もあります。そこは読み込んだサイトのHTML構成に依存します。

2014年の「手貯金」から次を見据えてみる。

それでは早速であるが、うちの貯金プールのひとつの話をしよう。
これは銀行なんかの積立とは別枠で、あくまで「手で」お金をいれておくという、個人的な趣味で大昔からやっているヤツだ。当然、金額はオモチャみたいな額なのだけど、僕は自分が浪費家である事を知っているので、これは必要な事だと22歳の時にはじめた。まとまったら、これでもちゃんと口座に移動させている。
有名無実になっていた時代もある。
でも、前職場のラスト付近(2008)には、破産寸前の僕を最後まで支えてくれたのがこれだ。
(最後は本当に小銭しか残ってなかったが)
だから、今も続いている。

さて。では 2014年の実績を振り返ってみよう。
続きを読む 2014年の「手貯金」から次を見据えてみる。