Phantom INTEGRATIONをwine上で使う件について

Phantom of Infernoといえば、ニトロプラスの最初期の傑作。肌色のエロゲの世界に、ハードボイルドな血と硝煙の臭いを持ち込んだ異端の傑作だった。
この Phantom of Infernoのリメイク版がPhantom INTEGRATION。絵柄の一部を調整し、Vistaまで対応させたもの。

これなんだけどさ、Windows8.1以降だとエラーになったりしてうまく動かないんだよね……。

で、今、最新ともいえるDebian jessie上のwineで動作テスト中。

データをとりまとめたら、サイトにアップします。

51uJ6EH5dPL._SY445_

ちなみに購入元は以下です XD

『腐り姫』を最新の環境で。

いろんな意味で伝説だと思うライアーソフトの傑作『腐り姫』を試してみた。

動作環境: Windows8.1(32bit) / Dell Venue8pro
CDDA: _inmm.dll でエミュレート(mp3)

スクリーンショット 2015-07-05 21.05.54

本作はマニアックなれど結構メジャーなので、確認も何も誰かプレイしてるでしょうけど。

特に問題なし。
こんなトロいタブレットでも普通に遊べるんですねえ。

ちなみに、こういう終末型の仄暗い作品って好きです。気分が暗くなるから本当に辛い時は避けるべきと思うけど。

鎮花祭(はなしずめのまつり)をWindows8.1 tabletで。

かなり古い(1999年頃)のソフトと思いますが、MISTY『鎮花祭(はなしずめのまつり)』を今どきの環境で動かしてみました。

環境: Windows8.1(32) / Dell Venue 8 pro
Windows8.1(64) / HP Stream 11
CDDA: _inmm.dll でエミュレート(mp3)

スクリーンショット 2015-07-04 11.32.17

念のため、ふたりほどクリアしてみた。問題点は特に無し。

ただしStream 11(Windows8.1(64bit))ではインストーラが動かなかった。本体は動くので、適当なPCで展開してからディレクトリごと持ってくればOK。