ヤマハはホンダである、という迷言

なんのこっちゃと言われそうなので、ちょっと説明しよう。

まず、ヤマハはバイクメーカー(ヤマハ発動機)と楽器メーカーとしての側面を持っていることを思い出してほしい。で、対するホンダは本田技研工業というくらいで、色々作っちゃーいるけど楽器は作ってない。たぶん。

で、この「ヤマハはホンダである」という迷言をもう少し追記すると、ヤマハは「発動機」のつかないヤマハであり、つまり楽器メーカーとしてのヤマハのこと。要するに「楽器メーカーとしてのヤマハは、ホンダのように優等生(という名の最大公約数モデル、あるいは器用貧乏)ばかり作っている」と言いたいのだ。

これは楽器とバイクの両方やる人には、おそらく有名なことだろう。

ちなみにバイクメーカーとしてのヤマハは、とにかくAppleのようにユーザ体験を優先する傾向がある。たとえばアメリカン・クルーザーの「ドラッグスター」シリーズだと、たとえ400ccのモデルでも、ゆったり流せば低音を豊かに響かせてくれるよう演出されている。(もちろんビッグバイクの荒々しさはないが、そのかわり日本製らしい、粒を揃えつつも低く流すような、明らかに狙った面白い音を出している。とてもいい演出だと思う)

この点、ホンダも似たような事をやるけど、それでも「走らないバイクなんてバイクじゃない」と言わんばかりにしっかりと性能も確保するのがホンダだ。実際、ヤマハのSRシリーズに対抗して発売されたGBシリーズは、当時のエンデューロレーサーXR系のエンジンを専用に設定して積み込んだ、やたらとよく走るマシンだった。対するSRが、とにかく「ユーザーが満足していればそれでよい」と、細かい改善と環境対策はしっかりやるのに、高性能エンジンへの積み替えは全くやらなかったのと対照的に。

この傾向はスポーツバイクには良いのだけど、雰囲気やスタイル優先のシリーズでやると当然、ロングセラーにはならないのは言うまでもない。事実、ヤマハビラーゴやドラッグスターに対するシャドウシリーズも、短期的にはよく売れても、ライバルほどのロングセラーになったものは結局なかったのだから。

皮肉な話だが、逆の意味でこれを裏付ける事実もある。
たとえば近年に新型になったホンダ・レブルだ。

レブルは日本ではむしろ懐かしい名前で、20年も前に発売終了となった古いシリーズである。しかも当時ですらエンジンは古いホークシリーズの出涸らしみたいな代物で、構造的にも見るべきところは全くなかった。

だが、そんなレブルは当時の日本でも並み居るスポーツバイクを差し置いてよく売れたし、海外に至っては学生バイクと呼ばれて特にライトユーザーに愛用され、30年も売れ続けたのである。(つーか僕もレブル乗りです。久々に新型買いました)

ホンダにしてみれば皮肉なモデルであろう。良かれと最新技術をこれでもかと詰め込んだスーパーモデルが消えていく中、どうでもいいような旧態依然としたモデルが愛され続けたのだから。

だが絶対性能こそ第一というのはスポーツユーザーの話であり、パンピーはそんなもん求めてないのも事実には違いない。少なくとも僕はそうで、革ツナギやモトクロス装備を求められるバイクはちょっと、という気持ちがある。

レブルは長く、広く愛された。

若者は通学などのアシに重宝し、さらにその若者は結婚してから奥さんや息子に仕立て直したレブルをプレゼントしたりした。教習車にしていたところもあれば、ミニパト代わりにしていた国もあるらしい。本当に長いこと愛され続けた。

さすがに時代に変化には勝てず、ついに新型を作ると聞いた時には、やっとかーと思ったものだが、実はこれも最新の規制対応や、ベースの古いエンジンの製造中止が決まったためだと思われる。バイクはエンジンを吊り下げたり抱え込むようにして車体フレームを設計するので、ひとつの系列のエンジンが製造終了するというのなら、どうしてもフレームから再設計しなくちゃならないからだ。

つまり、販売終了するには惜しいほど売れているから、だったら新型作るかーとなったのだと思われる。(そして昔のレブルの時同様「おや、ちょうどよさげな250/300ccと500の売れてるエンジンがあるじゃないか、こいつで作るか」と)

たのしい機械翻訳「DC警察は豚の上に乗るために」

なんじゃそりゃあって思ったんですが、もちろん機械翻訳のお話。
具体的には以下。

http://www.washingtonexaminer.com/d.c.-police-to-ride-high-on-the-hog/article/83754

D.C. police to ride high on the hog

これを「DC警察は豚の上に乗るために」って訳すGoogle先生もなかなか面白い。
かといって、これを綺麗に意訳できる頭は僕にはないのです。
よって、分解してみる。

live high on the hog って言葉があるらしい。意味はまぁ、贅沢をする、はりこむといった事でしょうかね。
つまり、liveとrideにひっかけているわけですな。
ドラキュラ都へ行くの原題もそうだけど、こういう韻の踏みかたって、どこの言語でもやるんですねえ。

ちなみに警察はしばしばpig、つまり豚にたとえられるので、そっちのニュアンスも入ってる。
そして記事本体は「ホンダ・レブル250cc」を使っていたワシントンDCだかの警察が、それをハーレー・ダビットソンの883スポーツスターに変更するよって話。なんか色々言い訳をしているけど、要はレブルだと現場にかけつけるのに時間がかかるし、大型バイクの奴にナメられるからいかんのだと。古いモデルだから信頼性も低いと。
実際、20年もほとんど変わらないモデルをずっと使ってたわけだし、物持ちよくてもちょっと問題でしょう。

これらから、上の文面はこう訳すのかなとも思います。わざと頭悪そうに。

「DCポリはいいバイクにアップグレード」

なお、特にレブルをけなしているわけではないと思います。
だってレブルの前に使ってたのってベスパなんだぜ。

国産のハーレーを使いたいのもあったろうけど、昔のハーレーは大きすぎたり信頼性に欠けたりしたため、業務で採用しずらかったんじゃないかなぁ。スポーツスター、しかも883を採用しているあたりにその気持ちが伺える。

Bobberって何ぞやって話でまとめてみました。

wikiに、こんな記事作ってみました。

なんでBobberなのか?

言葉としては新しいのかもだけど、昔からあったスタイルですよね。チョッパーの一派が分離した感じかなぁ。
見た目はシンプルで、でも80年代にも走り優先でなおかつ、ボタン式電磁シフトとか電光式のデジタルメーターとか、なかなか面白い試みを採用していたグループありましたよね。ベースマシンもフレームはチョッパーと同じでもエンジンが英国車や日本車だったりね。

あっちの系統かな。

新型レブルに僕が乗るなら?

僕が乗るならどうするか。
うんまぁ、もし乗るなら……あー、いろいろ湧いてきますね。

まず、新型Rebelの写真をここに。

2017_rebel300_600x400_mattesilvermetallic_trans

いやー、Bobberですねえ。

とはいえ、さすがにフェンダーまで外しちゃうつもりは僕はないです。日本で水たまり対策捨てるとかありえんと思うので。僕はストイックなひとじゃないですしね。

それより、最初に考えるべきはヘッドライトを何とかすべきだろう。2017年にガラス+電球はねえだろ。
できれば、思いっきり今風のカクカクしたLEDライトが付けられればいいんだけど。
テールランプも汎用品探しますか?
さすが素材と言い切るだけあるよ米ホンダ。まったく。

後ろにボックスはとりあえずいらないだろ。まずは振り分けでOK。
キャリアもいらないが……んー、振り分けで足りない場面が生じたらどうするかな?
欲しいのは荷台じゃなくて、もし必要ならシーシーバーがとりつけられる事なんだよね。
でも、できれば必要ない普段は外しておきたい

うん、夢がふくらむなぁ。

あとね、ここちょっと注目。

%e5%90%8d%e7%a7%b0%e6%9c%aa%e8%a8%ad%e5%ae%9a

このリヤサス付近の空間。
たぶん、振り分けつけても小さい空間があまると思うんですよね。
これ、右側にシザーケースとか取り付けられないかなと思っています。

レブルが30年ぶりにフルリニューアルらしい。

日本では忘れられたようになっていたけど海外では人気車種で30年も売れつづけていたレブルが久々のリニューアル。そして日本でも売られるらしいってことで、情報を集めることにした。
これはいいかも。次マシンの候補にしよう。

こっちのwikiにデータを集めています。

HONDA Rebel関連情報

見た目の新旧比較もしてみた。

Rebel新旧比較

「そもそもレブルってなに?」

ごもっとも。では簡単に書きます。

レブル(HONDA Rebel)っていうのはホンダ・アメリカ製の若者むけファッションバイクです。日本でいうとボルティーやTW、グラトラのお仲間ですね。
1985年に日本でも発売されました。
レプリカブームのど真ん中に突然、エアポケットのように現れたハーレーのチョロQみたいなバイクは大いにバカウケしまして、何十万台か売れたと聞いています。250アメリカンのジャンルで売ったはずですが、ありえない大ヒットだったでしょう。
日本では90年代後半に販売終了しましたけど、海外では今も人気車種で売れ続けています。2016年現在も最新型のラインナップがある。

なにせ主要販路がアメリカなんでアメリカンなカタチをしとりますが、いわゆる日本の『アメリカンバイク』ではありません。当然、重たい大柄な車体もないし、巨大なVツインエンジンも積んでいないのが特徴です。
そりゃまぁそうだ。そういうのに乗りたいのなら、堂々のビッグバイクにどれでも乗ればいいわけですしね。

honda.comの宣伝文句を見たら一目瞭然なんですけど、むしろ軽快さや扱いの楽さを売り物にしています。この点を売り物にしている点からいってもまぁ、どういう方向を狙っているかわかろうというものです。

事実、扱いやすいということか、米国では警察が使っている地域もあるようです。→ 米wikipediaのレブル250の記事

Police use
The Metropolitan Police Department of the District of Columbia began to purchase the Rebel in the early 1980s to replace the Vespa scooters they had previously used,[7] but by the mid-2000s the MPD decided to begin replacing the Rebels with the Harley Davidson XL 883 Sportster, citing a need for more power, durability, and visibility.[8]

警察での利用

コロンビア特別区の首都圏警察(MPD)は、以前使用していたベスパのスクーターを交換するために1980年代の早いうちにRebelを購入し始めたが、2000年半ばまでにMPDはRebelsをHarley Davidson XL 883 Sportsterに交換。より多くのパワーと耐久性、可視性を求めている。

ふうむ、十年くらい前に883に取り換えちゃったんですねえ。レブルの前がベスパというのがまた面白い。
ああでも、古いレブルのカスタムがネットにたくさんあるのは、こういう払下げの古い個体が多いってこともあるのかな?

2016年現在、売られているのは 250のほか、450と125があります。ただし125は米国ではなく欧州むけです。
(あちらは英国もそうだけど、125が人気あるようです。Shadow VT125とか面白そうなバイクもありますね)

でも、さすがに80年代のローライドスタイルは古いということでしょう。近年のレブルオーナーの記事を見ると Bobber化しているのが多いんですよね。flickrでもgoogleでもいっぱいひっかかります。

で、どうせみんなBobberにするんなら最初からBobberで売っちゃえっていうのが新型のデザインの理由なんでしょうね……うん。