タイムパラドックスの話

以下は実話。

誰かがこう言った。
「これほどの被害を誰も警告に来なかったなんて。やっぱりタイムマシンとか夢物語なんだなorz」
ある人が答えた。
「警告にきた人?いるんじゃないか?ただ一部の人しかそれを信じなかっただけさ」

こんなとこに津波は来ないと嘲笑されつつも自腹で避難所作成、70人の命をすくった爺さん。
無駄遣いと言われつつも「児童が安全に逃げられるように」避難所直結の通路を学校から作った校長先生。
「津波てんでんこ」を形にするため、全国の教育機関に配布されている災害時避難の要綱を軒並み無視して独自の訓練を重ね、登校していた生徒全員が無事という結果を残した小学校。

もしタイムマシンで警告にきた人がいたとしたら?
彼はおそらくまず東電に行ったのだけろうけど、どこの馬の骨ともつかない人間の言葉なんて、欲に固まった連中の耳には入らなかったろう。政府は担当者がころころ変わるので話にならなかったのかもしれない。
時の記述は書き換えられない。マクロレベルでは、タイムパラドックスは起こらないのか。

ただ、それはあくまでマクロレベルの話だ。
もしかしたら、この避難所作ったじいさんに「逃げ場を作らなくては」と吹き込んだ人の中に未来人が混じっていたのかもしれない。避難訓練の提案をする時に「津波てんでんこ」を皆が思いだしカリキュラムを作り直すように誘導した人々の中に、あるいは避難経路がまずくないかと責任者に申し上げた誰かがそうだったのかもしれない。マクロレベルでは無理でもせめて草の根と。
あるいはもっと遡り、世界一とまで讃えられる耐震構造の推進など。

悲劇は確かに避けられなかった。
だが「時間旅行なんてできないんだな」と考えてしまうのも早計な話。丘の上で出会った未来の少女が、実は……のあの古くさくてロマンティックな物語のように。

SF者のはしくれとしては、そう申し上げたい。

ここがヘンだよ古生物

ここがヘンだよ古生物

大量絶滅というと、ある日を境に特定の種だけがポンと消えるようなイメージをもつ人がいるが、もちろんそんな事はない。
ここのリンク先の掲示板で言うならば、まさに地域格差も明暗を分けた可能性は高い。

だって極端な話、10頭生き残っても全体では絶滅と変わらんわな。種族として繁栄するには「数」が足りなさすぎる。

以前は支配的な種族だったがこの大量絶滅で一気にマイノリティになっちゃったとしたらどうなるか?おそらくは対抗する別の種族に数で押し切られてじわじわと滅びて行くだろう。当時にどのくらいの異変が起きたのかは知るよしもないが、生き延びた種族もたくさんいたからには全球凍結のような途方もないものではなかったはず。ならば「被害の地域格差」がそれを分けたのは想像にがたくない。

たとえば三葉虫やアンモナイトの類は、構造的にそのほとんどが大陸棚の浅瀬にいたと思われる。これらは地上に大被害が出るとまともにその煽りを喰らってしまうが、現在も生き残っている深海性のオウムガイやシーラカンスにはまるで影響なかったろう。マグロのような種族もしかり。彼らは浅瀬にはいないのだから。
(ただし大型種によくいるいわゆる濾過捕食者の場合、大陸棚の生態系がぶっ壊れた事で深刻な被害を受けた可能性がある。本人たちはよくても餌がなくなっては生き延びられまい。で、これらを主食にしていた大型生物もおそらくいくつか滅びたはずだ)

おそらくは、こういう生態系における被害分布の違いは大きく明暗を分ける要素になったと思われる。

大変ですな、イメージ戦略というものも。

ユーグレナ社長日記 イズモノブログ

 このブログの中でユーグレナユーグレナと欧州かぶれに呼ばれているのは、なんの事はない理科の教科書でおなじみの微生物『ミドリムシ』である。ユーグレナというのは欧州における呼び方で、クリオネの和名が『ハダカカメガイ』なのと同じ、単なるイメージ戦略である。ミドリムシという名前ではあまり美味しそうじゃない、というかゲテモノ臭ぷんぷんなので社長さんとしてはその呼称を忘れて欲しいに違いない。そりゃそうだ、頭スッカスカのスイーツさんたちに「ユーグレナって身体にいいんだって~:D」と食べてもらい、クリオネみたいに本来の名前が忘れ去られるほど広まってくれれば勝ちなんだろう。私も彼の立場ならそういう戦略をとるだろうし。

 実際、ミドリムシは自力で光合成できるうえに創ったエネルギーを炭素ベースで体内に貯蓄する。このエネルギー貯蔵力はそこらへんの栽培植物では足下にも及ばないわけで、確かに食糧問題解決のカギになりうる。微生物である乳酸菌が一晩で何トンという乳酸を作り上げるように、微生物とは凄いのである。

でも、やっぱり『ミドリムシ』なんだよね……。
いや、ようするに彼(彼女)の最大の問題点はこの和名なわけで、でもミドリムシが美しい眼点eu + glenaなんて名前に変えられてしまうのは納得できないものがありますが。

啓蟄

今日は、啓蟄(けいちつ)。

四季折々を野に山に飛び回って暮らした幼児時代の私にとっては知的好奇心を満たす季節のひとつ。そう、カエルの卵を見に行くのだ。

家にあった動物図鑑で漢字や感性を磨いた三つくらいの頃の私にとり、卵塊の形から「あれはアマガエル、これはアカガエル」などと見分けるのは簡単なことだった。そしてその好奇心を満たす最大のイベントがオタマジャクシからの変態の観察、そして卵塊からの孵化だった。
果たして、うちの近所にはいつもアマガエルの卵塊のある場所があった。二度はそこから卵塊を回収、家でカエルまで育てたこともある。もっともカエルになったら皆逃げ出して庭に住み着いた。すべてが生き延びたわけでもないが分母数が多いので生き延びる奴も多く、雨がくると大合唱して母を閉口させたらしい。

今思えばカエルという生物のアプローチは実に不思議だ。れっきとした脊椎動物、しかも水棲でない生き物でここまでの決定的な変態をする生き物はあまり多くない。それは一つの「陸地」へのアプローチのひとつであったのだけど、淘汰の結果カエル案は普及しなかった。むしろ生物は水から離れ、乾燥に強い爬虫類のアプローチを選んだからだった。
裏を返すと、地球がもっとジメジメした湿地ばかりの惑星ならば両生類が強かったかもしれないし、カエルの得意とする生息域がもっと…ということもありうる。進化とは必然で起きるがその経緯には試行錯誤も行われる。バージェスの奇怪な動物群を引くまでもなく、そういう事なのだろう。

脅威の生き残り戦略・ニホンミツバチ

人間の勝手で滅ぼされる生き物たち。

だがちょっと待って欲しい。自然界というものを君は誤解していないか?
確かに人類はほとんどの他生物を絶滅に追い込もうとしている。だがその反面、その人類をちゃっかり利用して全世界にあまねく広がっている生き物もたくさんいるのである。
たとえばカラスやタヌキ。都会という環境に順応する者、あるいは人類という種そのものを利用するもの。あらゆる手段で彼らは広がっていく。生き物とは、その程度にはたくましいものなのだ。
猫だってそうだ。彼らは「人間が可愛いと思える容姿」をもって人間の懐に入り込み、全世界にあまねく普及を果たした唯一の哺乳類であるといえる。犬のように人間の道具に成り下がるのではなく。
本来は非常に残忍かつ強大な肉食動物であるにも関わらず。

さて、そんな世界のひとつ。セイヨウミツバチとニホンミツバチが今回の主役である。

ミツバチを育てる養蜂家。彼らが扱うのはセイヨウミツバチというもので、これも立派な家畜種である。世界中で飼われ、また野性化もしており、猫同様にセイヨウミツバチはほとんど全世界に広まっている。
だが、われらが日本ではそうはいかない。それは風土病、そして天敵が彼らを阻むからだ。
ミツバチにとりつく恐ろしいダニがいる。これは日本に風土病のように広まっているのだが、ニホンミツバチがこれに耐性を持っているにも関わらず、セイヨウミツバチは当然持っていない。だからセイヨウミツバチは越冬がほとんどできないとされている。
また、日本には世界最大かつ最強の危険蜂、オオスズメバチがいる。ニホンミツバチは彼らを撃退どころか集団戦術で殺す術すら持っているが、セイヨウミツバチは一方的に巣ごと食われるしかない。対抗手段を持っていないからだ。
このニホンミツバチのスズメバチ対策は有名だ。「ふとんむし殺法」などと言われるが、これはスズメバチよりミツバチの方が少しだけ熱に強い、という差を利用し、集団でスズメバチを押しつぶして熱死させてしまうわけだ。昆虫が編み出したとはとても思えないとんでもなく高度な戦法だが、それだけオオスズメバチが強大な敵という事なのだろう。

とにかく、一時は絶滅すらも心配されてニホンミツバチだが、今日も元気にどこかで騒動を起こしているのである。

こういう類の人には、甘くしてはいけない。

腹の立つニュースだ。

保健所から犬逃がす、同一犯?元日にも…岐阜・高山 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞

この手の類を「良識ある第三者」と思ってはいけない。むしろ逮捕してがっちり処分しないといけない。

保健所送りになった犬。あるいは研究機関などの実験動物。そりゃかわいそうだ。そんなのは当たり前である。
だが「どうして保健所送りになったのか」を考えてそこから対応しないと意味がないし、そうした考えに及ばない馬鹿な自称動物好きには、何か事が起きた場合にきちんと責任をとらせるよう法整備を整えるべきだろう。

たとえば、とても飼いきれない猛犬が保健所に預けられる事もある。
こうした猛犬が他の市民を万が一殺してしまった場合、当然「逃がした者が無差別殺人を犯した」と考えて扱わなくてはならない。間違っても保健所の罪ではない。せいぜい、素人の侵入を許してしまった業務上過失どまりだろう。

また、たとえばインフルエンザに対抗する薬剤研究をしていたとしてその実験動物を勝手に放たれ、それによりインフルエンザが人為的に流行してしまった場合はどうするか?当然、放った人間にはテロ防止法違反の罪科を課すべきだ。

ペットは野生動物ではない。一度飼ったからにはその最後まで人間が責任を持たねばならない。
それには当然、「殺す」ことも含まれる。
「かわいそうだから放してあげる」「飼いきれない」と逃がしたたった一匹の猫が、その地域にしかいない貴重な動物群をあっさり死滅させる事もある。伝染病の媒介者となり何万という人間を殺す事もある。

それはペットのせいでなく、もちろん人間のせい。
そう、かわいそうだからと研究機関から盗み出した、あるいは保健所に侵入して解き放ったあなたの罪なのだ。
保健所や研究機関では当然、病気の動物を放ったりしないのだから。
わけのわからない理由で人様の土地に押し入り、勝手に動物たちを解き放ったあなたが、そのすべての責任と罪をひっかぶらなくてはならない。
あたりまえだね。

「かわいい」「かわいそう」だけで生き物を扱うな。
彼らはあんたらのオモチャではない、個を持つれっきとした生命なんだ。
それを決して忘れるな。

青森で竜宮の遣い見つかる

なぜ青森で?熱帯の珍魚「リュウグウノツカイ」を捕獲

リュウグウノツカイは通常、温帯から熱帯の深海に生息しているが、昨年末から、島根県や福井県など日本海側で捕獲されるケースが相次いでいる。

寒い地方に出てくる事自体は少し奇矯だが驚くほどではない。深海の温度というのは熱帯だろうと寒帯だろうと一定だと聞いているからだ。
むしろ、どうしてそんな寒いところで上にあがってきたかだ。確かにリュウグウノツカイは浅海にもやってくるが、ひとに容易に見つかるほどのところをウロウロするなんて普通ありえない。だからこそ幻の魚なのだ。
それに、青森周辺というと日本海側も太平洋側も北からの寒流にさらされている。暖かい黒潮も遙か南だ。

これはきっと何かある。たぶん。