望美ルート考察

 全クリアで判明した知識をもって、望美ルートをいま一度考察してみる。

以下、超ネタバレ。

  

 ————————–

 まず、望美のあの適当なプロフ設定と特待生の手続きをしたのは、もちろんかつての咲自身であろう。望美だけ遅れてくるように設定したのも、他の家族がデータだけで登場しないのも全て調律者の介入を見越したものであり、「どうせ上書きされちまうんだから適当にやっちまえ」か、あるいは軽いお茶目であったのだろうと思われる。
 そして咲の狙い通りに調律者はやってきた。
 そして同時にそれは、世界そのものの客人(まろうど)であるあんこ先生にとっては計算外、であった。調停者にとってあんこ先生が異物であるように。

 望美には三つの人格が現れれる。まず序盤から望美ルート前半までのもので、これが上の「元の人格」もしくはそれに酷似したもの。次に調律者(金色の瞳に変わる)で、最後が一度壊れて記憶も飛んでからリスタートして出てきた第二の望美である。
 このリスタートが起きてしまって理由はもちろん、調律者が入り込んだ事により引きずられた事、そして、イレギュラーであるあんこ先生を、望美の中にいる調律者が求め、それを咲が否定してしまったからだ。咲の望むようにありたいと望美自身がのぞみ、そして自力ではそこに届かなかったからこそ、そうなってしまったわけだ。
 これは以前書いた望美シナリオの感想の時同様、咲のせいで間違いないのだが、これは無理もないと今にしてみれば思える。そもそもこれは咲にとっても完全な計算外。あんこ先生というイレギュラーが入り込まなければ、そして、あんこ先生が「向こうの世界」からあのセキララという花を持ち込まなければ、歪みも大きくる事はなかったし、調停者の介入も大した問題にならなかったはずであり、だから、異常事態の元凶であり全てを知っているあんこ先生にしか直接のフォローも助言もできなかった。
 だが最終的には、命がけで元の世界から咲を追ってきたあんこ先生の介入が正しかった。かつての咲にとっては取るに足りないはずだったイレギュラー。本人は戯れのつもりで、しかし内心では好ましく思っていた、おそらく凡百の徒でしかなかったはずの存在。
 しかしその「本当なら後先考えない愚策で咲の計画を全て台無しにしたはずの彼女の介入」が結局、咲に現実を受け入れる最終決断をさせる事になったわけだが。

 望美は無垢というよりそもそも何も持っていない。これはおそらく介入され破壊される可能性も考えたからだろうが、そもそも基本コンセプトがそうらしいのが調律者と咲の会話からも伺える。ただ望美の傾向は他の全ヒロインどころか将太ほかの全ての人物が多かれ少なかれ持っている。
「私は咲に望まれて生まれてきた」
 それは望美に限らず全員、ようするにあの将太にすらも共通している事。
 ただし他の人物はたくさんの「人間」としての基本設定を持っている。望美はそのへんをほとんど持っていない。まるで、高度な情報を蓄えているが人間としての経験値を全く持たない人工知能のように。
 (実際この人工知能チックな比喩は正しいと思われる。望美は「世界にアクセスして有利な結果なり情報を引き出している」と思われる。特待生の設定も食事も、周囲の反応も全てである。望美の自由にならないのはイレギュラーであるあんこ先生、それに咲のみである事、そして『望美ルートの自分』を他のルートから呼び出してしまうという究極のウルトラCまで披露するが、これはアクセス先が「世界」であるからこそ可能なのだと思われる)
 その「何もない」無垢さゆえに望美にはわかる。本来この世界の誰も感じないはずの、コンダクターとしての咲を感じる事ができる。
 ……てーか、存在理由(レーゾンデートル)という懐かしい言葉をまさかエロゲで見る事になるとは思わなかった。

 次に、望美ルートにおける真奈の件。
 望美、あんこ先生、そして真奈の三人には共通項がある。つまり決して他者には理解されない、あるいは理解を望まない一面を持っているという事。おまけに真奈はミュージシャンや創造者特有の感性がある。
 それゆえに、望美ルートで真奈は非常に活躍する。他の人物が理解しえない部分を直感で理解するからこそ、望美の異変や危機を感知する事ができた。
 漠然とプレイしていたが、改めて見るとこれは確かに真奈にしかできないんだとわかる。他の人物では望美のサポートは無理。他のルートでも真奈はまるで便利屋のようにあちこちで活躍させられているが、望美ルートでの彼女は便利屋ではない。共通項をもつ同類であり、人格もつ存在として活躍する。
 
 うむ、真奈ルートももう一度やりたくなった ^^

『se・きらら』たぶん最終攻略しちゃったのでその感想。

一度中断した『se・きらら』ですが、世界の謎の方が気になったのでオートで流しつつデータだけとっていました。
もちろん Debian squeeze 上でです。
んで、気がついたらオールクリアできたっぽいので残りの感想書きます。

[システム側追記]

wine上で実行時、以下に留意する必要があるのを忘れていました。
ゲームスタートからプレイする場合、序盤のムービー再生でコケる事がありえます。
不幸にもこれが再現してしまったら、ここだけは何らかの方法で回避してください。
序盤のムービーまでのみWindowsでプレイするのもありです。
(savedataディレクトリごとwine側にコピーすればそのまま動きます)
もちろんですが、メーカーに問い合わせるのはやめてください。wineや仮想環境での動作は保証外だと思います。

[シナリオ側追記]

ネタバレ改行入ります。

 ——————–

クリア順は最終的に以下のようになりました。

真奈→望美→優→亜矢→泉→り・se・きらら

なお個人的事情により亜矢ルートと優ルートは感想がきっちり書けるほどシナリオとして楽しんでいません。逆に最も没入したのは真奈、望美、泉、そしてラストです。

1. 亜矢ルート感想

 すみません感想書けません。彼女のシナリオは大部分オートでぶっ飛ばしてしまったからです。いずれリプレイするかも。

2. 泉ルート感想

ふたりを巻き込みたくなかった。なのに……

 神社の娘という時点で想定した通りのルートになったのが有難かった。入り口でちょっときっつい流れがありますが、私のようにここで折れたりしないで進んでください。
 コンセプト的には「ああ、やっぱり泉姉ちゃんは優と対なんだな」と感じました。優と泉姉ちゃんの立ち位置の違いがシナリオ内容に大きな違い(すげえ大きいですが^^;)を生んじゃっているんですが、基本的に両者のシナリオはほとんど変わらないです。
 詳しくはまぁ、本編でお楽しみください XD それがいいと思う。

 ただひとつだけ。あなたが優好きなら、泉ルートを先にやるべきのようです。
 優・泉・咲の「とっても微妙なとらいあんぐるハート状態」がどうして生まれたかの理由が本シナリオでわかりますが、それをわきまえた上で泉を選ぶという事は意図的に優をふるという事です。小さな頃から綿々と積み上げてきた「ずっとこのままでいたかった日々」を自分からぶっ壊さなくちゃならないのです。
 あなたが優好きなら、とても悲しい。本当に胸の痛い想いをする事になります。だから本ルートをやられるなら優ルートより前にすべきです。
 ……辛かったよ orz

 まぁ、そういう悲しい部分を脇に置いとくと、うちのサイト的に素晴らしい優が見られるという点ではとてもとても美味しいです。そこいらへんの展開が素敵というか「おいおいおまえら優のフォロー忘れてるぞ、いくらなんでもそろそろまずいってかうわそのシルエットキタ━━━━(゚∀゚)━━━━ッ!!な感じに。いやぁ素晴らしい XD

 もちろんですが「とらいあんぐるハート」という言葉はワザと使っています。よそのゲーム名ではありますが、本作の泉・優・咲の立ち位置はどうしても同作の唯子、小鳥、真一郎の関係を思い出させます。同作の方では作品タイトルとは裏腹に三角関係に関するネタは一部ルートと没シナリオに痕跡があるだけで一切消去されちゃっていますが、こちらの泉シナリオではあからさまに「三人が今の関係になっていった理由」が語られますし、その関係が壊れていく過程、そして「三人でワンセット」だった時代の終わりを真っ正面から描くという実に手応えのある内容となっています。
 悪い言い方をすると、都築氏がケツまくって絶対書かない分野を真っ正面から、しかもきちんとまとめていると言えます。正直素晴らしいと思います。

3. 最終ルート(り・se・きらら)感想

 本ルートは存在を知りませんでした。たまたまプレイ再開して泉ルートが終わり「世界の謎が解けてない…」と嘆きつつ開始画面に戻って目が点になりました。
 おそらく賛否があるでしょう。特に萌えゲーヲタの人は圧倒的に全否定と思われます。
 個人的には、事前に強烈に多世界解釈系の匂いがしていたので問題ないと思う。特に望美シナリオでの望美とあんこ先生のイベントは強烈にあからさまですよね。あれと、最初にプレイした真奈シナリオからも延々と繰り返され続けてきた花のイメージ。このふたつをもって「たぶん腐り姫みたいな構造じゃないのかな」と個人的に思っていたので、本シナリオの展開自体は「ああやっぱり」に近いものがありました。

 最終ルートというのは私の勝手な命名なんですが、理由はこれがメタな多世界解釈ルートであり、これまでの全ルートに対する盛大なちゃぶ台返しが存在し、なおかつ全ストーリーのグランドフィナーレになっているからです。あんこ先生や望美の謎の行動や、主人公自体の謎も「ほとんど」ここで解けますが、多世界解釈系とかが嫌いな人間や「理屈なんかどうでもいいから萌えたい人」にとっては根暗な蛇足ルートでしかないでしょう(もっともそういう人だと真奈ルートなどもダメでしょうが)。個人的には、悲しいラストかもしれないが、これはこれでアリだと思います。事実上の完全終息に近い終わり方であって二次創作が事実上不可能に近い構造なのがもったいないですが。

 ただ、最後のアレはちょっと望美が可哀想だった。シナリオライターさん、ちょっとあれはむごいですよ。
 私はてっきり、全ヒロインの中で望美だけ流動的に移動する存在となる可能性を想像していたのですが、さすがにそれは虫がよすぎたらしい。
 けど最後に望美の悲しそうな顔でもらい泣きしてしまいました。できればあの子にだけは、小さな救いがあって欲しかった。心からそう思います。

(wine / Debian squeezeでゼロから動作させました)

[余談・ヒロイン談ほか]

 シナリオ派の私にはあまり意味がないっちゃないっていうか本作のヒロインは皆魅力的すぎて甲乙つけられません。ただ本作はヒロインの方が積極的に主人公をゲットにかかるケースが多いので、古典的ギャルゲヒロイン的に押しの弱いタイプは不利でしょう。(男主人公が「童貞奪われた…」と嘆くエロゲなんて、もともとそういう趣向の作品以外で見たのはたぶん初めてだと思う。いや、腹くくった女の子の方が積極的というのは今風でいいんですが)
 微妙な三角関係を延々続けていてそれが揺らぐと大惨事になりがちの泉と優、暴走機関車型で走り出すと手がつけられない亜矢と真奈。立場が特殊だがある意味普通にエロゲヒロインなのかもしれない望美とあんこ先生。
 うむ。どれがいいと言われると微妙だ。シナリオは真奈が好きだし望美は某オルタの社霞のように特別だし。優が秘めている狂愛系の一面は個人的にものすごくツボだし。
 うむうむ。

 改めてネットを見ると批判的な声が多いなぁ、特に最終シナリオ。
 けど「なんの予告もなしに突然に鬱展開」と書いてる人については「いや、充分色々と匂わされていたと思うが」と言いたいです。望美シナリオを初期にやった人はもちろんですが、他のシナリオでも、あれだけ不自然に同じ花のイメージが繰り返されるの気にならなかったんですか?ゲームセンターの中や真奈のギターケースにすら同じ花のデザインが存在するんですが。花自体がメーカーロゴでそれを宣伝しているだけ、というのならリーフのクマみたいなもんで不思議じゃないんだけど、そうでないのなら「何か意味あるのね」と思いませんかね?私は最初が真奈、次が望美だったんで「なるほど、何かそういう世界観が背後にあるのね」と素直に解釈していたんですが。
 
 いや「今どきのエロゲでそういう展開はやらないよ」というのなら私の言うべき事は何もないのですが。

se・きらら ギブアップ。現在までの感想まとめ(シナリオ側)

こちらは内容に関する感想まとめです。
なお、泉ルートは途中、亜矢ルートは10秒くらいしかプレイしておらず、これらの感想は含みません。
あんこ先生のルートも存在すると思われますが、むろんこれも含みません。
(先生については、望美ルートの補完で後日プレイするかもしれません)
また、隠れキャラが存在した場合、これらの感想も含みません。

以下、ネタバレです。

————————
『総評』

 普通のシナリオと非現実系のシナリオに分かれるようです。

 個人的にはどちらも気に入ったといえば気に入ったのですが、年代を考慮しても主人公の性格がヘタレすぎないか、というのが気になった点でした。

 あと、大抵のシナリオで主人公に対して頭にきたんですが、しかし根本的にまずいのはストーカー事件の対応。主人公があんな目にあい、なおかつサイトの状況を見た時点で、それでもなお外部に力を求めずに二人だけでやろうとするバカさ加減には本気で頭にきたし、あれで解決するとカケラでも考えているお目出たさにも正直頭を抱えました。
 いや、今どきの高校生ってみんなあんなおバカですか?むしろストーカーだの組織的な嫌がらせについては、我々の世代よりも危険度をより強く認識しているんじゃないですかね?本来このストーカー事件のあった真奈シナリオは現実系というか普通のシナリオ側だと思うのですが、正直このへんが「はい?何これ?」って感じだったので、個人的には非現実系シナリオに分類してます。
 いや、ありえねーからこれ。いくらなんでも。

 基本的に本作のライターさんは荒事の嫌いな性格のようです。それはそれで結構なんですが、望美シナリオにおける主人公の行動も変だ。「理解できないからとりあえず否定」してるだけ。望美が「咲の意志には逆らわない」から収まっているんですが、結果的に望美は一度壊れたわけで。しかも本来の彼女の仕事が果たせない。
 う〜ん、エロゲ主人公が対人コミュニケーション能力に欠けているのはお約束と言えばその通りなんだけど、これはいくらなんでもひどくね?咲は確かにヘタレ系主人公かもしれないが、ちょっとなぁ。

 以上のようにたくさんの問題がありました。
 もちろん、主人公たちの「若さ」に付随する部分はどうしようもないと思います。上のような問題点を考慮したうえで描かれているのかもしれません。
 しかし、ならば後でフォローのしようがあるんですよね。特にストーカー関係なんかはリアルにある大変危険な問題なのだから、あんこ先生あたりに主人公たちを後で叱らせる事もできたはずだ。「他のことはいい、しかしこの問題を二人だけで対応しようとしたのだけは絶対ダメ」と。まぁこの作品世界ではそんな心配などいりませんよ、という事ならば何も言う事はないのですが。

 では。

 あ、全体の出来ですか?
 プレイした範囲でいえば、そもそもこんなシナリオ面の不満が出てくる時点でシステム的にはあまり問題がないわけで、内容としても序盤のアレさなんかを除けばGJな感じだと思います。
 そも、怒ったり笑ったりとモニターの前で忙しかったのも事実。入れ込んじゃうんですよ。まぁ入れ込むからこそ細部で腹が立ったりするわけなんですが。

 まぁそんなわけで、全体の出来はいいと思います。結構おすすめ。
 序盤のむず痒さを乗り切って個別ルートをちょっと見てみる、くらいまでは少なくとも試してみてほしいなぁと思います。

se・きらら ギブアップ。現在までのまとめ(システム側)

se・きららを Debian sqeezeでプレイしていましたが、シナリオ的にちょおおおっと、ついていけなくなっちまってリタイヤ ^^;;;;;
(作品のせいではありません。むしろ私の方の問題と思われます)
とりあえず、現時点までのデータをまとめます。

ゲーム名: se・きらら
動作環境: Debian squeeze (ASUS N10JC) + wine
 (3/28現在、Debian squeezeはtestingです。またDebian multimediaのAPTラインを追加しています)
クリア状況: 深雪真奈、秋山望美、川村優の順。志津野泉ルート入り口まで。
中断場所: (推定)志津野泉ルートの入り口
中断理由: 純粋に個人的趣向の問題
動作環境で見つけた不具合: (メーカー推奨環境ではないので要注意)
・遅いPCだと雨などのシーンで動作がタルいです(同じPCでもネイティブ環境なら無問題)
・ムービー再生の指示を無視したり、落ちる事があります。
・正常終了となかった場合、クリア情報などが持ち越されません。
 (クリアしたら、一度終了しておくとこの問題を最低限防げます)
・序盤などの一部で画面がホワイトアウトするが、環境の問題かどうかは不明

『se・きらら』優シナリオの感想

『se・きらら』優シナリオの感想。

以下、お約束のネタバレ改行。

————————

「どうしてこのままじゃいけないの?」それは主人公だけでなく、ずっと共にいた彼女の気持ちでもあった

 望美が非人間系メインヒロインとするならば、普通の人間系のメインヒロインと思われる。
 展開も攻略方法もシナリオの内容に至るまで、望美とは別の作品かと思えるほどに違う種類の展開をする。
 たぶん望美シナリオと本シナリオは好き・嫌いが分かれると思う。良し悪しというより本人の趣向の問題で。
 
 幼なじみのテンプレにどこまで忠実やねん orz という感じで私は途中で轟沈。
 あとはオートのお世話に……なっていたのですが、どうも何か要素が足りず何回頑張ってもバッドエンドだし、三度めにしてようやく攻略っぽい事をする羽目になった。というかスタートまで戻ってフラグ要素探しまくったんだから、攻略そのものでした。
 でもまぁ、確かに優は可愛いし、お約束とテンプレの塊だけどまぁ悪くないと思うし。
 でも彼女のシナリオをやりたいなら最初にやるべきです。まじめにプレイしていればいるほど、望美や真奈のシナリオを先にやってたら胸が痛いこと確実です orz
 優シナリオをしたいなら最初にやろう!……あなたが思い入れしがちで冷徹に選択肢を選べないタイプなら、特に。

 さて、食事してから続き。

『se・きらら』望美シナリオの感想

望美シナリオを今朝クリアしました。
感想です。

とりあえず、ネタバレ注意。

—————————-

彼女は純粋にして無垢。しかしそれは単機能デバイスがゆえの無垢とも言える。他の一切を持たないからこそ彼女は無垢であり純粋であり──そして悲しい
 
まず最初にひとこと。
狙いすぎです。いろんな要素を詰め込みすぎたごった煮です。
特に昭和ネタ突っ込みすぎはどうかと思う。今の子たちは意味不明だし、昔の子たちは「肝心なシーンで混ぜっ返しまくり」でためいきをつく事になります。

人外属性なのは最初から気づいてました。まぁフラグ的にあからさまですし、おそらく主人公級のにぶちん以外はみんな気づいたでしょう。私は強烈な「ヲタ狙い臭」ゆえに避けたのですが、人外属性、不思議ちゃん趣味、うすい・ひくい・かるい好き、昭和ネタパロディ好きもろもろまとめて引き受ける感じなので、そのままこの子に突撃した人もきっと多いかと思います。
攻略は真奈もそうだけど簡単です。攻略資料などいらないくらいです。
がんばれ。

以下は純粋な感想。
ただしちょっとアヴァンギャルドすぎというか、コテコテすぎです。ヲタ狙い全開って分かりすぎるほどに「あなたのためだけの存在」をここまで強調しすぎなのです。しかも「何故か周囲とはさっくりうまく行きまくる」というお約束ぶり。どちらか一方だけとろうという選択肢はないのか?「何かを得れば何かを失う」という選択肢が本シナリオにはあまり見られません。重要部分には確かに存在するのですが、当人たちにとってはあまり意味がない程度の損失でしかないのですから、あまり意味があるようには思えない。月姫のアルクェイドシナリオや先輩シナリオのグッドエンド以上の「なんじゃそりゃー!」的お約束。
異類婚姻譚専門の小説サイト運営経験者としては、とてもとてもとてもとても異議を出したい!

とりあえず、シナリオ単体では落第点だと思います。
ただ真奈とのつながりは、初回に真奈解いた人間としては嬉しかった。
あと未プレイだけどたぶん先生の方にもつながりがあるようなので、導入口として面白いかもしれないです。
個人的には攻略不可とか、攻略できるけど非エロ系の特殊シナリオ突入、みたいな取扱いの方が面白かったような気がするなぁ。
あと主人公、事情もわからないのにすきな相手を否定すんなよ。存在異議のあたりで非常にムカムカしました。真奈シナリオではむしろ良い方向に働いていた面が本シナリオではことごとくマイナスに働いていました。「咲さえいれば何もいらない」という望美の存在異議は「ひとりの人格」として考えれば非常に歪なわけで、その要素は単体ルートに入った直後からあからさまに見え隠れしていた。だからこそ彼女を選ぶなら主人公は自分本位でない味方をとるべきではないか、と考えるのです。
ていうか……たぶん私なら、望美の行動を肯定したうえで共犯または幇助者として共にいる道を選んだと思うのだが。少なくとも彼女を否定はしないと思う。
ここいらへんは「若さ」なのかな?ふと自分の歳を考えてしまった瞬間だった。

さて、続けよう。

—-

追伸(3/29): 優ルート(バッドエンド)の伏線をみつけた ^^;;;
 se・きららでは誰のルートかで微妙にイベントの経過と時間軸が変わるらしい。たとえば、とあるルートでは泉ねえちゃんのお祖母さんが体調を崩すんだが泉ルートでは亡くなってしまうという感じだ。もちろんそれはストーリー自体のメインストリームには影響ないのだけど、それがたとえば、優ルートの途中で「おばあさまが体調を崩してまっすぐ帰宅している」という泉姉ちゃんとの会話や立場として現れるわけだ。
 で、こういう「メインストリーム外のイベント」のひとつに優の弟、愛が体調を崩すというのがあるんだけど、
「愛がパジャマ姿の時には行きたくない。何か求めるような目をするんだよな」
 ここまでにぶちんの主人公が身震いするほどやばい気配を感じているんだよな……これはやばいでしょう(大汗)。ていうか、望美ルートやってた時はこのモノローグに気づかなかったが、改めてみるとこういう伏線があちこちにあるぞ ^^;
 se・きらら、結構奥が深そうだ。

『se・きらら』深雪真奈シナリオ感想

『se・きらら』深雪真奈シナリオの感想です。
以下、ネタバレになります。

————————-

昼と夜で全く異なる顔をもつ彼女。それに踏み込んだ時、この世界は変わる──
 
 真奈は正直、第一印象は悪かったのです。ものすごく。
 ただ唯一、真奈のBGMが非常に気になったのです。憂うような切ないような。これがとても特徴的なので非常に気になっていて、フラグを潰しまくってバッドエンド狙いだったのにも関わらず、思わず見に行ってしまったのです。
 ああ、やっぱり。この手の『複数の顔もつタイプ』は個人的にやばい。真奈のようなケースかどうかはともかく、クラスや職場に言えない顔をもつ人は結構いると思うわけで。そういう人にとってのある意味ステレオタイプと言えます。

 うん、とてもよかったです。
 ゲッと思うような鬱展開もあるし、見通しの甘さにPCを叩きつけたいほどイライラしたところもあるけれど、そこまでのめり込んだという事で。まぁオチが少し「やっぱりアレかな」と思う部分はあるのですが、傑作と言えるシナリオだったと思います。
 真奈シナリオ……いまいち萌えない外見かもしれませんが、そこで諦めずにやってみる事をおすすめします。

『se・きらら』深雪真奈シナリオ完了

Debian squeezeで実行しました。
スクリーンショットがないですが、
フルスクリーンで動くし外見上Windowsと変わらないので意味がないでしょう。
とりあえずデータです。

OS: Debian squeeze + wine

発見した不具合:

・ムービーの再生ができない(押しても無視される)、または本体ごと落ちる事があります。
・wine側の制限でスプライトなどの処理が遅い事があります(雨のシーンなど)。
・スイッチまわりの動作がネイティブより少し鈍いかもしれない。
 (ただしこれは試した環境が遅いネットブックなので通常のPCなら問題ないかも)

se・きらら 深雪真奈シナリオ(たぶん)攻略中 on Debian squeeze + wine

(現在攻略中なので、スクリーンショットは待ってください)

無料配布で一部で話題になっている『se・きらら』ですが、Debian squeeze上のwineで動作確認ついでに攻略中。
現在、一人目として、深雪真奈シナリオの攻略中です。

一人目なので全体の雰囲気はわかりません。ただ、前半だけ見て判断しない方がいいと思います、この作品。

はっきりいって前半は退屈でした。話題になっている事、フリー配布された事で「wineで動くか見てみるか」という軽い気持ちでした。ついでにいうと天気が悪かったのも動機のひとつ。本当に軽かったのです。

しかし、個別シナリオに突入したなとあからさまにわかる展開になってからは雰囲気がガラリと変わりました。

もちろんこれは深雪ルートだけなのかもしれません。
何しろ、ただ思うがままにプレイしたら彼女のシナリオに突入してしまったのです。
しかし、これはいい。鬱展開入るので嫌だという人もいるかもしれないが、個人的にはギュッと来ました。
ところどころ、ふたりのあまりの若さや甘さにイライラしますが(そりゃ当たり前なんですが^^;)、でも、とてもいい。

でも、ところどころに散りばめられたネタは狙いすぎだと思う、この作品。
ハサミでバルタン星人は誰でもわかるネタとして、ゼオライマーが登場するのに誰か気づきました?ビビりましたよ ^^; あ、今ならスパロボやる人とか気づくのかな?

さて、続きをしよう。うむ

大道寺知世が好きだ。


(Debian squeeze。未だコードフリーズならず)

 正しくは、彼女がさくらに寄せる無垢なる慕情が切ないほどに好きだ。

 本作を知っている方ならご存知だろう。それはもう第一話からあからさまであるが、さくらはそれを正しく理解していないし、知世も理解して欲しいとは思っていない(いつか話すと原作中で言っているが、作中では永久に語らずくさい)。周囲の友人たちはそれを理解しているのかいないのか。見たところ言わぬが華という感じではあるが。

 だけど、それは重要ではない。
 知世の想いが本当の意味で届く事は永遠にない。それは知世の母親が、さくらの母親に抱いていた想いがそうであったように、相手が幸せであって欲しいと思えば思うほどに決して届く事はない。
 そんな悲しい、報われない立場にある彼女。
 本作に登場する少女たちはほとんどが小学生であるが、この知世ともうひとりいる別の少女の二人は突出して大人びている。知世は言うまでもなくこのさくらへの想いのためであり、そしてもうひとりの彼女は、知世とは別の意味でひとに言えない恋愛をしているためである。だが後者はちゃんと相手と将来結ばれる(もちろん彼女が子供すぎるので未来の話だが)ようだ。そして知世はおそらく絶対に報われないし、それを望みもしない。
 だけど、切なくないわけがないだろう。なんといっても彼女は未だ小学生であり、しかも彼女を支えてくれる大人といえば、同じ恋をかつて経験した母親だけなのだから。
 
 私は、そんな悲しく、切なく、つらい立場の彼女を見ていると、がんばれと言いたくなるのである。