魔法少女まどか☆マギカ うちのサイト的ネタ考察。病気編

うちのサイトでネタ的二次創作するとすれば、間違いなくこうなる(というか他にありえねー)という解釈。
色々アレなうえにネタバレ。

続きを読む 魔法少女まどか☆マギカ うちのサイト的ネタ考察。病気編

よくある問題

興味深い会話の記録があった。去年か。

http://lists.w3.org/Archives/Public/public-html-ig-jp/2010May/0018.html

村上:Operaに縦書きを実装することはありえる?

ホーコン:ない。日本の人達に聞いたが縦書きは要らないようだ。

村上:Webデザイナーたちは、横書きに馴染んでいるからね。でも、本を書く人
たちは縦書きを必要としているよ。だから電子書籍EPUBの縦書き対応のために、
CSSの縦書きの仕様 CSS3 Text Layout [2]が重要。
すべてのブラウザが縦書きをサポートする必要はないことは認める。
でも CSS3 Text Layout で定義する margin-before/after/start/end などの
論理プロパティは実装してほしい。
これらは縦書き用にデザインしたスタイルシートでも縦書き非対応のUAで
横書きで問題なく表示されるためのものだから。

ホーコン:それがないと互換性の問題が起きるということだね。
しかし、プロパティの数が増えすぎるのはあまりよくない。
スタイルシートのセレクタで縦書き用と横書き用のところを分けるのでだめか?

村上:いや、それではうまくいかない。

ホーコン:分かった。CSS3 Text Layoutドラフトをチェックして、後でコメント
しよう。

これはいい会話だ。
そして、とても切実な会話でもある。

「縦書きはいらない」とか「かな入力はいらない」とかはよく聞く話だ。それらを実際に実装するかどうかはともかく、縦書きがいらない、かな入力はいらないというのはその人個人だけの話なのに、まるで全ての人がそうであるかのように豪語する輩がよくいるのは少々腹立たしいものがある。

はっきり言おう。
そんなに縦書きやかな打ちを見たくないなら日本語捨てなさい。

日本語キーボードを使う事をど素人みたいに小馬鹿にする輩には、日本語に特化した高速入力対応のキーボードで膨大なテキストを打ち込んでいる人々の気持ちなんてわからないだろう。私もそうだ。現在のテキスト入力速度は最盛期に比べると決して速くないが、ローマ字でやれと言われたら金積まれてもお断りする。同じ速さをローマ字で打とうとしたら倍以上の打鍵数が必要なのだ。腱鞘炎はごめんだし、そもそもこんな速さで打ち込める気もしない。能率が落ちて落ちてどうしようもないだろう。

だけど、当然だがそんな速さが必要ない人もいるわけで、アルファベットを覚えればとりあえず打ち込めるローマ字がいいって気持ちだってこれまた事実だと思うのだ。それに、今はまずみられないがM型のような一部の超高速入力キーボードのように、ローマ字だってハードウェアベースから研究し、極めれば凄いものになるのもわかる。

だから「慣れていればどっちでもいいのではないか」と思うし、選択肢があるべきだと思う。

ただ個人的には、膨大な量の日本語を打ち込むなら最低でもかな打ち、できれば親指シフトを勧めている。理由は打鍵数や手間の圧倒的な少なさだ。やはりそこは「日本語の入力について考えられたもの」を選ぶべきだ。
また同じ理由で、コード入力系の方法はおすすめしない。技術文書用途としては素晴らしい割り切りだと思うのだけど、自ら表現を狭める行為はテキスト屋のやるべき事ではないだろう。