冷静な指摘

うん、この記事はいいね。

SIMフリーiPhoneはお得?–フリーダムを考える

はっきりいってiPhoneは高額な端末だ。この忠告記事を見て迷う人なら、基本的にキャリア任せで買うべきという考えには自分も賛成する。

ただしサポートの記述はちゃんと確認すべきだと思った。Apple製品のサポートはAppleなんだよね。

ホストの更新がやっと終わりました。

openvz on Debian wheezyが完了しているのをサイトの記事で知り、更新をかけました。これでやっと Debian wheezy になりました。

ちょっと解説しておきます。

当サイトのホスティング元は私の自宅サーバなんですが、実機上でなく仮想ノードのひとつとして、DBサーバとWebサーバを動作させています。ホスティングに利用しているのは、使用リソースが小さくてすみ、なおかつ Linux しかいらないならこれでOKという事で、OpenVZを採用しました。Debian lennyの頃の事です。

ところでopenVZはKernel2.6の機能の一部を利用するカタチで動いておりました。ところがこのあたりの仕様がKernel3ベースで変更になってしまったため、Debian wheezyでは、強制的にKernel2.6に戻して利用するという、一種のねじれ状態になっていたものです。

ちなみに、うちはホストマシンの問題で Xen や KVM がそもそも動作しない問題がありました。そして LXC はサーバノード自体の仮想化は意識しておらず、アプリベースなんですよね……。そんなわけで利用しようって気持ちにならず。ニーズにあわないんですよね。openVZはまさに有難い存在だったのです。

そんなわけで待っていたのですが、どうやらサイトの記事を読む限りKernel3.2上にうまく載せられたようなので、喜んでアップグレードさせていただきました。

ありがとう! OpenVZチームのみなさん!
Thanks for your hacking!