加奈のリメイクとか、まだ出ていたんだ。

といっても新規開発ではないようだけど。
(対応機種表示が。最新ですらXPになってるという)

加奈は本当に大昔の作品だけど、確かに傑作だと思う。どれだけ泣かされた事か。
でも、このストーリーでは仕方ないと思うんだよね。
以下、再販ページのコピーから。


自分には“加奈”という名前の、2つ年の離れた妹がいる。 加奈は病弱で、小さな頃から入院と退院を繰り返す毎日を送っていた。 両親はそういった妹にかかりっきりになることが多く、幼かった自分にとって加奈は「自分から両親を奪う、憎むべき存在」でしかなかった。 しかしある日のこと、家族で出かけたハイキングの最中に起こった事件がきっかけで、加奈に対する感情は変化した。

「絶対に守ってあげなくちゃいけない。兄である自分が・・・」

以来、あなたは幼い頃に誓った心のままに、妹である加奈を守り、そして彼女の幸せを祈っている。 かつてあれほど加奈を大事にしていた両親が「過保護すぎる」と心配するほどに、大事に、大切に加奈を見守り続けている。 そして加奈は、自分をずっと守ってきた兄の背中を見つめ続けてきた・・・。

この「憎むべき存在」が「何をさしおいても守るべき存在」に変化していく過程が、あまりにも生々しいのである。
普通、物語というのは飾るものだ。本作だって少しは飾っているはずである。
だけど、両親の愛情を一身に受けた病弱な幼い妹を憎む幼い兄の一人称というのは、かなり強烈なものがあった。
それが(当人にとっては)衝撃的な事件を通して変化していって……ついには自分の全てを犠牲にしても妹を守り続ける兄に変貌していくさまは、今、思い出しただけでも泣かずにはいられないものだ。

泣きゲーという言葉すら作ってしまった、ひとつの切ない物語。

ああでも、次があるならリメイクはちゃんとしてほしいな、とは思ったが。
対応機種だけでなく、画像のコピーライト表示まで10年前だぞと。