ゲート外伝4巻の感想

『ゲート―自衛隊 彼の地にて、斯く戦えり〈外伝4〉』の感想。

オーバーロードと並び、近年愛読している作品のひとつと言えます。まぁオバロと違って読みだしたのは本当に最近なのですが。

作者の作風と思われますが、本作にいわゆる勧善懲悪はないです。善意の人は基本的に誰かに食い物にされたり利用されるようになっていて、メインキャストどころか、そもそも主人公からして体よく利用されまくっています。よって、そういう状況を見ると腹がたつって人は本作を読むと健康を損なうかもしれません。

続きを読む ゲート外伝4巻の感想