ケータイ国盗り合戦端末の話(モバイルネットワークの変更)

もう何年も前から、予備端末にケータイ国盗り合戦アプリがインストールされている。

元々、これは母がこれの中にある戦国クイズを毎日やっているためでもある。つまり親子の会話のためにインストールしたのだけど、実はクイズ単体は結構面白いので、母のためと言い訳しつつ、毎朝楽しませてもらっているのが現状である。

そんなケータイ国盗りなのだけど、実体は一種の戦国風プラットホームになっていて、制作側としては、長く愛用してほしいという思惑があるようだ。

ぶっちゃけ長く遊んでくれれば、そこから有料コンテンツで遊んでくれる者が出るだろうという考え方なのだろうけど、まぁその意義はともかく、あまねく長く愛用してほしいという提供側の目的は果たせていると思う。何しろ、らくらくホンをようやく使っているような82ま婆さんが、NHKの連ドラのように戦国クイズを楽しみにしている。これは凄い事だと思うのだ。

そんな国盗りのゲームの中に、いわゆる位置ゲーがある。まあ国盗りというくらいだし、大元がマピオンである事を思えば不思議はあるまい。

戦国クイズのスタイルはコロプラ方式と違い、移動距離は考慮しない。全国を600だか6000のエリアに区切り、現地にいく事で「この土地を訪れた」記録が残るわけだ。要は鉄道のスタンプみたいなもので、戦国風という事で「船橋国を統一しました」みたいな表現になるわけだ。
移動距離は無関係で、とにかく現地に行かなくちゃいけない。ゆえに特定エリア内で移動の多い営業職みたいな人が有利になるわけではない、というわけで、おそらくコロプラを推す人とは良し悪しの意見が真っ二つになるだろう。
だがこれは趣向の相違であり、その人のニーズと趣味で選べばよい事。実際、僕みたいに普段あまり移動しない職種の人間にとっては「まだ駿河を全く統一してないな。今度の休みに遊びに行けるだろうか?」と考えを巡らすのが楽しい。少なくも、実家に帰るのに飛行機にのり「お、移動距離が500kmか?」なんてやっているよりも、はるかに携帯に触る時間が多くなり、そして達成感もあると考える。まぁその達成に時間がかかるというのも事実だろうけど、そもそもエリア数がたくさんあるから、一部のマニア以外は何年も、人によっては一生かかるかもしれない量と長さ。しかも、一度訪れたところに再び訪れると別のゲーム内的メリットもあるわけなので、まぁ、まったりと愉しめばよいのではないだろうか。

そんな国盗りだが、実は僕はこれ、何年も前に登録したのに、統一国が合計12件しかなかった。東京7、四国3、下総(千葉県西部)2という感じだ。
これはちょっとさびしいと思ったので、ここ二週間ほどでちょっと稼ぎ、20国まで増やした。ほぼ東京での実績で、実績をみると関八州だけで17国になっている。うん、増えた増えた。
だが、地方へこれから増やすとなると、別の問題が出てくると予想される。

1. イーモバイルでやっている件

これらの位置ゲーはGPSでも取得できるが、本来は携帯ネットワークの情報を元に「今いる国」を算出する。だから、以下のような時には異常が発生する。

a)携帯ネットワーク情報が得にくい場合→GPSのみで情報をとるため、現在の国名が出ない。
 データベースと突き合わせるようなので、これでも国盗り自体はちゃんとできるようだ。

b)GPSがエラーになるが通信はできる。
 携帯ネットワーク情報だけで位置取得を試みる。→電波の掴みの悪い機種は当然、エラーが増える。

c)GPSはとれるが携帯は圏外
 現在位置はわかるが、アプリのサービスが利用できないので統一処理ができない。

そう、イーモバイル利用で問題になるのはここだ。

現在使っているのはSIMロックフリー化したF-12Cである。平素利用は問題ないが、この端末は実質、色々試すお遊びマシンとなっているし、また、データ通信のみしたいならイーモバイルのモバイルルーターがある。こちらは元はといえばAIR-EDGE用のカードから続いてきた我が家のデータ通信の歴史そのものである。通信時間も長いし、残すならこっちだろう。

そんなわけで、ドコモ系MVNOを何か導入しようかと考え中である。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)