マナスル121顛末記[1] 注文確定?

昔の僕を知る方なら、僕がラジウスタイプのコンロ(オプティマス 00L)を愛用していたのをご存じだろう。
古臭いメカだけど単純明快で、皆の使っているコールマンのメリケンなヤツよりこっちがお気に入りだった。
しかし、ただでさえ10ウン年使ってないうえに、どうも引っ越しのさなかに行方知れずにしたらしい……。
防災用をかねて復活しようとしたらこのありさまで、なんてことだと。

で、探したのだけど……。

売ってないよ灯油コンロ、全然。
00Lがないのは覚悟していたけど、代替えに使えそうな今どきのもダメ。
唯一買えそうだったのはコールマンのちょっと特殊なやつで、それも並行輸入。
世の中ガスですか?製造元もシーズン前にしか作ってないのですか?
うぐぐ。

そんなおり、某所の山屋さんのサイトを見ていると入荷待ちの登録できるっぽい。
おやおやと試しに突っついてみたら、なんと数日で「注文数が揃ったので入荷かけたら入りました。本当に買いますか?」な確認のお返事。
ああそうか。一人のワガママじゃ今どき対応できないけど、数が揃えば取ってくれるのか。
しかも、旅していた頃にはさんざお世話になった店のネットショップだよ。
今すぐ必要ってわけじゃないけど、こういうのって縁でしょ?
そりゃあ買いますわな。
たぶん色々で16000円くらいかねえ。細かいの入れたらもうちょっと?

そんなわけで連絡中。
さてさて、どうなります事やら。

あ、マナスル121ってのは、こんなやつね。

02101-5

先日のラジウス(オプティマス00L)によく似てるでしょ?

マナスルは昔、マネスルと揶揄されたくらい色々なコンロ作ってたんですよ。たとえば僕、米軍払下げのGIシングルバーナー使ってた事あるんだけど、これとよく似たマナスル500ってコンロもありました。
ただし、さすがの国産で、やたら調子悪いオリジナルよりずっといい出来良かったんですけどね。あれだ、DSKのオートバイみたいなもんですな。
(DSK:あー、すんげー大昔のバイクメーカーです。ライラックとか知ってる世代じゃないと無理だそうです)

今はシーズン前にラジウスタイプの96/121/126を作ってるだけみたいですね。
ちなみにマナスル96は、冒険家の故植村直己氏が愛用していたコンロでもあります、ええ。

「マナスル121顛末記[1] 注文確定?」への2件のフィードバック

  1. おお、どうもお久しぶりです。
    その節には本当に失礼しました。

    増えてるといっても、実にあいかわらずな内容なんですが。
    人間、一度キャラクタが固まるとなかなか進歩しないものなのか >< ; なんというか、お恥ずかしい限りです >< サーバ構成的には多少変わったのですけども。 ここも以前は物理マシン上のDebianなApache上で動いてましたが、今はLXCで軽く仮想化したノード群の中に埋もれていて、出島マシンとブログサーバは リバースプロキシで接続しています。 wordpress + mysqlなのは変わってないですが、Webサーバもnginxに。 検証したり動作確認していて、うん、これならいいだろと導入しました。 (しかし、未だに宅内DNSが独習で設定したBindなのですけど。こちらも色々試したいところですが)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)