一世一代の名演

実は今まで「日本沈没」の劇場版を見た事がなかった。
それを見た。ああ、ちなみに73年版オリジナルの方です。リメイクも一応先に見たのですが、あっちは感想など何もないので置いといて。

しかし、これはまた……なんて強烈な。

原作で衝撃的だったシーンのひとつに、日本人の退避計画で「何もしないほうがいい。このまま日本人すべてが日本列島と運命を共にしたほうがいい」という意見が出てくるところだと思う。さらっと流されてたけど。
この場面は形を変えて映画に出てくる、というのは知ってたわけだけど……。

まさか、こんな強烈なシーンになっているとは想像もしてなかった。

「何もせんほうがええ」という言葉を聞いた時の、若き丹波氏演ずる総理の顔がすさまじい。
一瞬、唖然。
そして呆けたような顔になり、そして告げた老人に顔を寄せて聞き返す。

総理「何も……せんほうが、ええ?」
老人「そうじゃ。一億一千万の人間が、このまま日本と共に海に沈んでしまうのが、日本および日本人にとって一番いい事じゃとな」
総理「……………しかしワタリさん」

このあたりの表情の変化がもう、とても言葉には言い表せない。
おそらく総理は、自分も内心同じ気持ちを持っている事に気づいたのだろう。涙を浮かべ、泣きそうになりつつも、自分は総理大臣という立場だからその選択はできない。
しかも「何もせんほうがいい」が、脱出計画を練った識者たちの(本当の)最終意見だというのも強烈に過ぎる。
けど実際「日本が沈没するならどこに逃げますか」というアンケートで、現実に「どこにもいかない。日本と運命を共にする」という意見が第一位になったという話も冗談でなくきいたことがあるだけに…… T_T

しかし、これは、やられた。
東京の大地震の映像の物凄さ(技術自体はもちろん古いセットタイプの特撮だが、逃げ惑う人々の描写が半端じゃない。正直怖すぎる。映像に優れているが無人の市街が壊れるだけのリメイク版が怖くもなんともないのと比べるとあまりにも対照的)もそうだけど、田所博士の鬼気迫るありさまといい、本当に凄い。

もっと早く見るべきだった。
できれば、田所博士役の方がご存命だった昨年までに。

「一世一代の名演」への5件のフィードバック

  1. 「日本が滅びるとしたら、運命をともにしますか?」

    「ジョシュア、わしらは常に選択せねばならんのだ」
    (ジョージ.R.R.マーティン:フィーヴァードリームより)

    危難に逢った瞬間であれば、大抵の人が反射神経で逃げると思しき。
    半端に「数年ほど」の時間が残されている場合、ただその場に留まって状況を見てしまうのも人間。
    もう駄目だと言うぎりぎりになって「やっぱり逃げる」と言う選択を反射神経でしてしまうのではないかと。

    ごく短い瞬間に、「荷物を捨て、リスクを取り、意志を決めて決断をする」事が可能なのはヒーローであり、やっぱり多数派じゃあないんだよな・・・。

  2. 「このまま何もしないほうがいい」っていう考えは、「沈没後、帰る場所もなく世界に散ってからの日本人の行く末」などを考えた上で出てきたマクロレベルの意見ですしね。個人レベルのそれとは全く視点が違うわけで。

    対して「このまま日本に残る」というのは個人レベルの話になります。
    自分でその選択をとるかどうかはわからないけど心情としては非常によく理解できます。

    動物的・即物的視点から言えば、そりゃ危機にあえば反射的に逃げ出すでしょう。それはよくわかる。
    まぁ動物、とりわけ野生動物は得てして環境の異変には敏感ですから、とろい人間より先にとっとと逃げ出すものも多いでしょうが、それはこの場合本題ではない。

    今この時代をもってしても、多くの人間にとり、生まれ育ったその土地、その地域、その国という土着の空間が世界の全て、あるいは世界の中心です。
    それが巨大な天災で永遠に、根こそぎ失われてしまうのだとしたら?

    短期的に生き延びるのはいい。
    だが本当に生き延びられるのか?
    そして生き延びたとして、今現在愛し、世界の全てを構成しているものを全て失ったうえで新生活を構築するとして、そんな事に耐えられるのか?
    さらに「外の世界」で、海千山千の有象無象と渡り合い、帰る場所すらなく?

    つまり、その種の究極の選択の話という事なのですね。

  3. さて、こちらを片付けるか。

    ・・・「寂しいなァ」と、感想を漏らしてしまいました。
    何が寂しかったのか。
    自分の、言ってみれば「腕力の低下」が(苦笑)。

    言われてみれば、日本沈没と言うのは、昭和世代である小松左京が、
    ・日本的な無常観
    ・天変地異に対する日本人の諦観
    ・”日本人らしさ”が日本の風土に根ざす事。そして、それを失う事を”おふくろさんを失う”として、血と水の源を失う悲しみとして描こうとしている事
    と同時に、
    ・流浪の民となり、第二のユダヤ人となる日本人の姿を描く事によって、
    「日本人らしさは、日本の国土に根ざすの”か?”」
    と言うSFというより「IF」の世界に属する問いにある答えを求める事
    など、今の小説の体裁からすると膨大な問いと答えを、一篇の物語に仮託して編み上げたものであり、あの
    「なにもせんほうがええ」
    と言う答えは、昭和世代としての”日本人らしさ”の極地でもあり、同時に「絶対の危機に出会った指導者が、必ず一度自問する答え」でもある。
    その「何もしない」という事をも考え抜いたところからしか出ない策がある、というのは、単なる作家にとどまらない存在だった、小松左京と言う人間の凄みである。

    それを演技として表現した丹波の大きさは、随所で絶賛されている。
    (「日本沈没」の映画は、当時ですら絶滅しかけていた「役者」の大集合である)

    そこを読まない発言をしたのは悪かった。

    と、ここまで書く「体力」が喪失していたのが「寂しいなァ」と言う台詞の元である。
    昔なら、30分でここまで書けていたものを。

    対比して、こちらで述べていた
    「ジョシュア、わしらは常に選択せねばならんのだ」
    と言う台詞は、滅び行く河の船の船長に言わせている台詞。
    言われているジョシュア・ヨークという男は、一つの種族の指導者であり、そこで下す決断を誤る事は、彼と彼の種族の未来を絶望に落とす事を意味していた。

    「なにもせんほうがええ」
    と言う事を考える、無為自然は確かに一つの答えである。
    また、「何もしなかった場合」の事を考え抜いて答えを出すというのは、プランナーたちの胆力と体力がなければ出来ない事であり、常人の成しえる所ではない。

    考え抜いた挙句、積極的に「何もしない」事を選択するのは、実は「何でもいいからやってみる」事よりも難しい。
    正しく考えて「何かした方がいい」と言う答えを出せない時でも、結局「何かやってしまい」火達磨になるという事は少なくない。
    自分の胸一つに全てを仕舞って耐える、というのも、「忍ぶ」昭和の日本人の姿である。

    しかし・・・
    そこで「それでいいのだろうか?」と考えてしまうのが、昭和に生まれ、平成に生きた私の、頬杖をついた、行儀の悪い目線である。

    特に、日本沈没は今回の危機と重なり合うところがあるだけに。

    1. 「それでいいんだろうか?」という疑問はもちろんあると思う。
      実際、原作ではこの場面は少し違い、
      この会話のシーンにいるのは総理ではなくD計画のメンバーのひとりだし、
      その人物は「何もしない」という案を聞いて仰天し、
      「何考えてるんだこの人たちは!」と考えている。
      老人も実は「おまえたちはいいが若い者たちの事を考えたか?」と
      彼らに思い直せと説得しています。
      おそらく映画ではこのへんの展開を踏まえたうえで、
      付属的意見としてわざわざ説明したのでしょう。
      (映画の原作準拠ぶりは驚くばかりだ……。
      映像だとわかりにくいメンバーを削ったがゆえの多少の改変はあるし、
      小野寺役があの人であるがゆえと思われる変更もあるが、
      それを差っ引いただけでだいたい全部符号するのだから凄まじい)

      私の場合「何もしないほうがいい」意見を
      「極論だが気持ちはわかる」と思ったわけだけど、
      現場では実際にそれを選ぶ者もいるだろう、とも思ったのですよ。
      これは別に当て推量ってわけではなくて、
      日本沈没がTV放送されていた頃、
      母と姉がまさにそういう会話をしているのですね。
      つまり「日本が沈むならどこに逃げよう」みたいな問いかけを姉がして、
      それに対して
      「私たち(親)は残ると思う。あんたたちは行きなさい」と
      きっぱりと即答されたらしい。
      戯れで問いかけた当時小5くらいのはずの姉はひどく驚いたようで、
      後にしみじみと教えてくれたものです。

      うちの母は昭和ひと桁で小松左京が日本沈没で描いた中堅世代です。
      つまり小野寺側ではなく中田や幸長などD計画側の人たちに近い。
      (小野寺は戦後の新世代で、D計画の主要メンバーと違う発想をする。
      こういう”新世代”の描写も原作にはたくさん出てきますが、
      「育ててくれた日本に対するお礼奉公」なんて言葉はまさにそれですよね)

      まぁ脱出のためのリソースが限られるだろうから子供優先とか、
      たとえ逃げてもその後どうするとか考えたとは思うんですが、
      でもそれって結局、形がちょっと違うだけで
      原作に登場する人たちの選択とあまり変わらないです。
      (母も彼らも「このまま何もせず共に滅びる」という選択肢が
      まずあって、
      でも自分以外の者までつきあわせる事はない、という思いが
      その後にくっついてくる感じだと思う)
      3月中旬の羽田空港でたくさん見た「幼児連れのお母さんたち」の
      残った側の家族にも同じ発想のひとが混じっているんじゃないかと
      考えていたりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)